Skip to main content
U.S. Virgin Islands local on boat

アメリカ領ヴァージン諸島のことを地元の人に聞いてみましょう

1 / 1

ようこそ、アメリカ領ヴァージン諸島へ

足元には砂浜、手にはラムのお酒、近くのバーから流れるカリプソの音色、そして青く澄んだ海に沈む太陽。こんな場所が現実にあるのでしょうか?アメリカ領ヴァージン諸島は、1917 年にデンマークから買収されて準州となった、アメリカで最も魅惑的な辺境の居留地の 1 つです。約 350 平方キロメートルのカリブの天国は、セントジョン島(St. John)、セントトーマス島(St. Thomas)、セントクロイ島(St. Croix)の 3 つの主な島と、周辺を取り囲む数多くの小さな島々から成り、すべてフェリー、プライベートボート、または飛行機で 1 時間足らずで行くことができます。ここには誰もがお気に入りのビーチ、魚料理の店、レゲトンの踊れるバーがあります。王や女王の座を競う年に一度のカーニバル、アメリカの材料を使いデンマーク殖民地の影響の混ぜ合わせたアフリカ料理のパテ、プランタンの揚げ物、カラルー、アキー、ソルトフィッシュなどの食べ物があり、「文化の合流点」ともいえます。水辺から離れるのは至難の業かもしれません。暖かく、透明な水。カメやイルカ、そして様々な色のサンゴ礁。丘陵の斜面には青々とした緑、熱帯地方の家々、美味しく気取らない地元料理を振舞う、控えめなたたずまいの「シャック(掘っ建て小屋の意)」があります。この地域を深く知るために、訪れた際にすべきことを地元の人に聞いてみました。お勧めをいくつか紹介しましょう。

セントクロイ島

揚げ物はお好きですか

ローザさんの屋台を見つけるだけでなく、営業中であればとてもラッキーです。ここは午後にたった 12 時間のみ(またはローザさんの気分次第)営業している、セントクロイ島で是非行って欲しいパテのお店です。カリッと上がった生地にほど良い味付けの牛肉、玉ねぎ、コショウ少々をまぶしたソルトフィッシュまたは柔らかいコンク(巻貝の一種)を詰めた、セントクロイ島ならではの食べ物です。善は急げ、ゆっくりしてはいられません。

Miss Rosa of Rosa's Booth in St. Croix
詳細を表示

誰もいない場所

これが美しく自然がそのまま残された島の中で、最も美しく自然の残ったビーチでしょうか?そうかもしれません。確かに、他では見ることができない景色です。約 3.2 キロメートルに伸びた白砂の国立野生生物保護区は、48 月の間は閉鎖され、閉鎖期間中はパークレンジャーが慎重に見回りを行っています。サンディポイント(Sandy Point)には、それ以外の期間、週末にのみ入ることができます。もちろんあなたが、近絶滅種の巨大な、ここに住むウミガメの一種のオサガメであれば話は別です。(人にとって)より行きやすい、年中開放されているビーチなら、セントクロイ島の人はレインボービーチ(Rainbow Beach)を勧めるでしょう。くつろいだり、思いつく限りのマリンアクティビティが楽しめる、地元の人に人気のスポットです。

Sandy Point in U.S. Virgin Islands
詳細を表示

王にふさわしい食事

屋外のチキン屋台が高貴な人をも引き寄せるほど素晴らしいものだという想像ができなければ、きっとセントクロイ島で愛されるラ・レーヌ・チキン・シャック(La Reine Chicken Shack)に行ったことがない方なのでしょう。ここでは長い棒にくし刺しされた、ギラギラとした生の鶏肉が、次々と燃え立つ火と煙の上で回し焼きにされています。週末には、お馴染みの島の料理が山盛りにされたランチプレートをつまみながら、ドミノやライブ音楽を楽しむ地元の人々で溢れています。このお店では、充実したメニューバーがありますが、必ず注文すべきなのはハーフチキンです。平日はジョニーケーキと味付けのされたライスとレッドビーンがセットになって、10 ドルもかかりません。

US Virgin Islands local at La Reine Chicken Shack in St. Croix
詳細を表示

ベイサイドにあるんです

パンチさんの屋台があまりにも人里離れた場所にあるので、そこが守られた秘密の場所のように感じるかもしれません。しかし、セントクロイ島の人々の間では、この 1 人で切り盛りされている庭の屋台は有名です。ここに辿り着くには、地元の人にとっての「ベイサイド」、ギャロウズ・ベイ・ヒストリカル・ビレッジ(Gallows Bay Historical Village)に向かい、桟橋から道を挟んだ向かいにある家を探します。ただし、真夜中になる前には行かないでください。パンチさんは毎日、午後最後の船が運んでくる新鮮な獲物を仕入れ、ゆっくりと煮込んだコンクのスープを作ります。そして地元の人たちは午前 2 時にベッドから抜け出してくるのです。そう、それほどおいしいのです。お店では、最小限に加工され、軽くスパイスで味付けされたココアティーも是非味わってください。「とてもすばらしく、他の場所で味わうことはできませんよ。」

Panchi's in St. Croix
詳細を表示

ウィムの歴史

ヴァージン諸島のことを知ってもらうために、地元の人たちならエステート・ウィム・プランテーション・ハウス博物館(Estate Whim Plantation House Museum)をお勧めするでしょう。ここでは、地元の歴史、遺物、古い写真、セントクロイ島を故郷とした数々の国籍の人が残した芸術品を見ることができます。生バンドによる古代のアフリカ音楽の演奏や、ルイボスティーのサービスもあります。島の砂糖の供給や、人々の大好きな、そして重要な製品であるラム酒を製造していた古い製糖工場のツアーに参加してみましょう。

Local musicians in St. Croix
詳細を表示

セントトーマス島、セントジョン島

ピザ・パイ

フードトラックのことは聞いたことがあるでしょう。では、フードボートは聞いたことがありますか?セントトーマス島では、動く食品販売のコンセプトをアレンジした、この約 11 メートルのアルミの船で、クリスマス・ベイ(Christmas Bay)の停泊地からニューヨークスタイルのピザを珍しいヴァージン諸島だけのトッピングで販売しています。ママとパパ(ここでは MIT の卒業生とプロのヨットシェフ)が運営するピザ・パイ(PiZZA Pi)は水上のピザ屋です。通り過ぎるボートへの販売や、ディンギーでの配達も行なっています。お勧めは、レッドカレーココナッツソース、ココナッツフレーク、スナップエンドウ、赤ピーマン、生のマンゴーが乗ったラスタモン(Rasta Mon)にロブスターを追加し、アイスクリーム入りのラムフロートで流し込む食べ方です。

The Pizza Pi Boat
詳細を表示
詳細情報

ラム酒巡り

究極のビーチバー巡りをしたいなら、セントトーマス島からフェリーに乗り、セントジョン島のクルズベイ(Cruz Bay)にわたった場所に、生のカリプソとともにシーフードやラムを味わえるウォーターフロントバーやレストランが建ち並んでいます。ここからはダラータクシーに乗ることができます。ダラータクシーはトラックの後方を分けて座席を付けた乗り物で、地元でよく使われる島内のあらゆる場所を走る交通機関です。あるいは、島に持ってきた最高の服を着て(少なくともシャツと靴)、地元の人がセントジョン島で最高のレストランの 1 つだと言う、こちらの雰囲気のいい環太平洋と熱帯料理レストラン、ラムライン(Rhumb Lines)へお越しください。これといった特徴のない小店を通り過ぎると、ヤシの木とカーテン状のライトで飾られた豪華な屋外のダイニングエリアに出ます。竹ぶき屋根のバーの高い椅子に座り、スパイス入りのチャイラムにオレンジ、チェリー、そしてセントジョン島で醸造されたジンジャービールを混ぜたセントジョン島生まれのカクテル、スパイスド・カリビアン・オールド・ファッション(Spiced Caribbean Old Fashioned)など、ここでしか飲めないお酒をお楽しみください。もちろん、シーフードもお忘れなく。

Local bartender at Thumb Lines in St. John
詳細を表示
詳細情報

ベストショットを撮りましょう

ヴァージン諸島での滞在中に最高にインスタ映えのする写真を撮るなら、地元の人たちのお勧めは、オサガメから名前の付いた、トランクベイ(Trunk Bay)でしょう。セントジョン島の人たちは「トランク」と呼んでいます。湾上の高台からは、エメラルドの森に囲まれた白砂と印象的な形の岩を背景に「人生最高のビーチショット」を撮ることができます。その後はシュノーケルと水中カメラを持って海に入り、色鮮やかな熱帯魚や生き生きとしたサンゴを撮影しましょう。ヴァージン諸島国立公園(Virgin Islands National Park)の一部であるトランクベイには、約 205 メートルの水中トレイルがあり、お子様やシュノーケリング初心者の方に最適です。セントトーマス島での素晴らしい行先をお探しであれば、メーゲンズ・ベイ・パーク(Magens Bay Park)がお勧めです。1.6 キロメートル以上にわたって伸びるビーチで、大変人気のある場所です。目を見張る程美しい入り江に伸びる白砂、キャンプ場、樹木園、巨大なココナッツ林、マングローブの森。ここにずっといたいと思うに違いありません。ココナッツジュース、そしてビーチチェアかパドルボードを持ち、「島でのひととき」を体感してください。

Local looking at view from Trunk Bay
詳細を表示
さらに調べる