Skip to main content
トラバースシティの地元の人
1 / 1

ミシガン州トラバースシティへようこそ

陸地とのつながりで特に有名な場所は、世界中で数ヵ所ありますが、ミシガン州リーラノー郡、別名「ロウアー半島」はその 1 つです。ミシガン州の形がミトンに似ていることから、地元の人たちが愛情を込めてミシガンミトンの「小指」と呼ぶこの場所では、現在の農耕、狩猟、ビール醸造やワイン製造が行われるよりもずっと前から、先住民達が漁業や採集を営んできました。地元の人たちは「自然や大地の恵みに感謝しています。それは昔から変わりません。」と言います。ミシガン州のロウアー半島を体験するには、地元の人達と一緒にアウトドアで過ごすのが一番です。この地域を深く知るために、訪れた際にすべきことをミシガンの人達に聞いてみました。お勧めをいくつか紹介しましょう。

湖畔に沿って

青い輝きが広がるミシガン湖(Lake Michigan)の 120 メートル上にそびえるスリーピングベアー砂丘国立湖岸公園(Sleeping Bear Dunes National Lakeshore)には壮大で美しい、105 キロメートルにわたって延びる砂場や草場、広葉樹や針葉樹の森、沼地や湿地が広がります。「手軽にハイキングできる場所」として地元の人に人気のピラミッド・ポイント・トレイル(Pyramid Point Trail)は 4.3 キロメートルの周回コースで、カエデやブナの木々をくぐり、高い断崖から景色を一望できます。ロウアー半島での楽しみは夏だけでは終わりません。地元の人々は、「ここにはいつでも何か楽しいことがあります」と言っています。秋には、トウモロコシ畑を利用した迷路を歩いたり、ワイン用ぶどうの踏みつぶしに参加したり、田舎道を走るドライブで「美しく色づいた木々」を楽しんだりすることができます。冬に開催される世界的に有名なクロスカントリースキーのバサレース(Vasa Race)は観戦することも参加することもできます。クリスタルマウンテン(Crystal Mountain)の「なだらかな」ダウンヒルスキーも冬の楽しみの 1 つです。

ミシガン州のパークレンジャー
詳細を表示

旬を味わって

ミシガン州には四季があり、季節の食べ物があります。夏はベリー摘み、冬はアイスフィッシングでウォールアイやパーチを釣り、そして春にはキノコ狩りやメープルシロップの収穫、ここ「ミシガンミトンの小指」は野生採集の愛好家にとって夢のような場所です。毎年 5 月に開催される全国アミガサタケフェスティバル(National Morel Mushroom Festival)前になると、人々が各地から集まりキャンプを楽しみます。「キノコを採った場所はみんなひた隠しにしています。」このようなキノコ好きの人たちは、収穫したキノコを地元のレストランに販売しており、レストランではそうして仕入れたキノコを使ったアミガサタケ中心のメニューが提供されます。

ミシガン州の旬の食材
詳細を表示

昔の風習を知る

ロウアー半島を本当に体験するには、現地の部族の毎年恒例のパウワウに参加してみるよう地元の人たちは勧めています。パウワウとは部族以外の人々も参加できるお祭りで、先住民の歴史や伝統を学んだり、魚やジビエ、ベリー、フライブレッドを味わったりすることができます。フライブレッドとはおいしい揚げパンで、どこでも見かける「インディアンタコ」のベースになっています。パウワウ、料理、マーケットの情報を入手するには、地元の部族に直接問い合わせることを勧めています(リトル・リバー・バンド・オブ・オタワ・インディアンズ、グランド・トラバース・ベイ・バンド・オブ・オドワ・インディアンズ・アンド・チペワ、リトル・トラバース・ベイ・バンド・オブ・オダワ)。夏のパウワウシーズン以外では、冬のラウンドダンスに参加するのも一興です。また、ペシャベスタウン(Peshabestown)のアーサ・デュアメル・マリーナ(Arthur Duhamel Marina)で魚を買ったり、ヤマアラシのとげで作った箱やビーズ細工のような地元の芸術品や工芸品を手に入れたりすれば、部族の経済を支えることにつながります。また、ゲーム好きの方なら、トラバースシティ近辺に 3 つある部族が運営するカジノでいつでも運試しができます。

アメリカ先住民のビーズ細工
詳細を表示

テイスティングの旅

ドイツ、英国、アイルランド、ポーランド、ベルギーからの移民の子孫が多く住むミシガン州には、長い歴史を持ち、誇り高く、そして活況なビール文化があります。トラバースシティ周辺では、特にエキゾチックで素敵なビールに出会うことができます。10 年前にオープンしたライトブレイン(Right Brain)は、「超実験的な」ビールと、「ビールへの好奇心を持ち続ける」というモットーで地元の人たちに愛されています。「ほぼ全ての地元のビール」が置かれ、独自のビールを醸造し、ミシガンニジマスの燻製のディップなど、地元でとれた食材を使ったおいしいパブ軽食なら、地元の人のおすすめはレアバード(Rare Bird)です。ノースポートのグリーンバード(Green Bird)はオーガニックのぶどう園、果樹園、そして農園です。ここには、自家製のワイン、ビール、そしてブランデーグラスで提供される 2 年間ライウイスキー樽で寝かせた口当たりの良いアルコール度数 17 %という珍しいシードルがあります。または、ワイン中心のロードトリップなら、リーラノー半島ワイントレイル(The Leelanau Peninsula Wine Trail)のオールド・ミシガン・ハイウェイ 37(Old Michigan Highway 37)方面に行ってみてください。運転してくれる人を必ず同伴しましょう。

グリーンバードぶどう園のワインテイスティング
詳細を表示

ランチ休憩

フィッシュタウン(Fishtown)のビレッジ・チーズ・シャンティ(Village Cheese Shanty)は、「チーズショップ」といえば通じるほどの知名度を誇ります。この店の自家製ブレッツェルブレッドは大絶賛されており、そのおいしさのあまり完売が続いています。地元の人のおすすめは七面鳥、スイスチーズ、キュウリ、ハーブマヨネーズの入った BLT、「ノースショア」です。地元の人のアドバイス:行く前に電話しましょう。エレガントなフランス料理で、地元の人が「このエリアで最高の朝食とランチ」と言うのが、トラバースシティのパティスリーエイミー(Patisserie Amie)です。ハム、リンゴ、ブルーチーズ、クルミの詰まったセイボリークレープの「ノルマンデ」や、伝統的なニース風サラダなど、非の打ちどころのない最高のフランス料理をお楽しみいただけます。または、昔ながらの五大湖の味わいなら、アーツタバーン(Art's Tavern)でコーンフレークとパルメザンチーズをまぶしてきつね色に焼いた「クラスティホワイトフィッシュ」などのとびきりの魚料理を味わってください。芸術なら 1934 年以来ずっとグレンアーバー(Glen Arbor)です。「いつ行っても人でいっぱいです」。群衆に紛れ込みましょう。

ファイン・ワイン・チーズ・サンドイッチ
詳細を表示
さらに調べる