Skip to main content
ノースカロライナ州アッシュビルの自然
1 / 1
  • 州:
    ノースカロライナ州

ノースカロライナ州アッシュビルは自然の宝庫

フランスのシンガーソングライター、レティシア・シェリフは、音楽、歴史、文化の足跡をたどってアメリカ中を旅しています。今度の旅では、「空の国」ことノースカロライナ州アッシュビルを訪ねました。

ノースカロライナ州アッシュビルのニックネームは、ブルーリッジ山脈(Blue Ridge Mountains)とグレートスモーキー山脈(Great Smoky Mountains)に囲まれた壮大なロケーションに由来しています。

「ここではどこにでも自然があるの」とレティシアは言います。「ほとんど街のどこからでも、ブルーリッジ山脈が見えます。ここの光には何かがあるんです。太陽と森の緑と空の青が、相まって作り出すと聞きました。とにかく、百聞は一見にしかず!」

アッシュビルのカラフルな壁画
詳細を表示

芸術的なスピリットの街

この街は自然が豊富なので、アウトドア派向けのアクティビティはいくらでもありますが、文化に関心のある人も、アッシュビルの活気あるアートシーンを思い切り楽しめることでしょう。

この街が芸術的とされているのは、ジョージ・ヴァンダービルトのおかげです。ニューヨーク州スタテン島出身の彼は、この場所が気に入り、1888 年に別荘を建て始めました。こうしてできた 32 平方キロメートルのビルトモアエステート(Biltmore Estate)は、完成までに芸術家と職人の大集団を必要としたのです。

「ここ数年、こういう感じがすることは、まずなかったんだけど」と、レティシアは言葉を足しました。「この街の人のメンタリティのおかげで、すごく幸せで楽観的な気分になれました。ここでは協力することが欠かせないし、自分をアートで表現するのはなおさらです」

ビルトモアエステート
詳細を表示

ビール醸造者でいっぱい

アッシュビルは、1 人当たりのビール醸造所がアメリカのどの都市より多いとされています。2009 年にはイグザミナー・ドット・コム(Examiner.com)の「ビールシティ」というタイトルを初めて獲得し、素晴らしいクラフトビールの中心地として名声を博しています。

ビール祭りが毎年開催され、さまざまな醸造所ツアーを楽しむこともできます。この街では、約 100 種類もの地ビールが販売されています。地元の名物は他にも、ビールを使ったお菓子や、それにコスメまであるのです!

当然のことながら、ビールを選ぶとなると、この地域では選択の余地があり過ぎるほど。レティシアが実際に訪れた後に勧めてくれたのは、ウエッジ醸造所(Wedge Breweries)です。ここのビールは、すべてここで醸造されています。他では見ることができません。

ウエッジ・ブルーイング・カンパニー
詳細を表示

必ず見たいアッシュビルの人気スポット総まとめ

音楽ファンやスリル好き、文学オタクだとしても、ノースカロライナ州アッシュビル周辺には、ぴったりの人気スポットがあります。ご紹介しましょう。

  1. 広大なビルトモアエステートは、アメリカ最大の個人邸宅です。ジョージ・ワシントン・ヴァンダービルトが「リトル・マウンテン・エスケープ」として建てたもので、広さ 1 万 6,622 平方メートルのビルトモアハウス(Biltmore House)を見ると、アメリカの「金ぴか時代」の建築がよくわかります。レティシアの表現では、「クレイジー」とのこと。「ヴァンダービルトが当時のアメリカを残したことは、信じられないプロジェクトです。ベルサイユ宮殿と同じくらい、感動的な遺産」
  2. 「オレンジピール」として知られるオレンジ・ピール・ソーシャル・エイド&プレジャー・クラブ(Orange Peel Social Aid & Pleasure Club)は、新進気鋭のバンドや伝説のパフォーマーにステージを提供することで有名なコンサート会場です。2002 年にオープンして以来、ボブ・ディラン、ローリン・ヒル、フーティー&ザ・ブロウフィッシュ、そしてビースティ・ボーイズが登場しました。レティシアにとっては、オー・シーズを見られたのがハイライト。「喜びと感動でいっぱいになりました。『ロック』な観客は、私が出会った中で最高でした」
  3. チムニーロックはチムニーロック州立公園(Chimney Rock State Park)で 1 番の見どころで、アッシュビル市から南に約 1 時間のところにあります。5 億 3,500 万年の歴史を持つ、群を抜いて古い名所です。高さ 96 メートルの花崗岩の尖頂まで歩いて登ると、120 キロメートルにわたる絶景を一望できます。恐れ知らずの方は、この過酷な崖をさらに登ってみてください。そうでない方にとっても、至難の業ではありません。
  4. トマス・ウルフ(1900~1938 年)はアメリカ文学の巨人で、おそらくアッシュビル出身者としては最も有名でしょう。この街を訪れると、彼の足跡をたどれます。子ども時代の家、母親所有の下宿屋「オールドケンタッキー(Old Kentucky)」、下宿の裏に子どもたちが遊んだ小さな家があります。トマス・ウルフの読者は間違いなく、自伝的な著作のあちこちに登場するランドマークを見つけることでしょう。
  5. ジップラインは世界中にたくさんありますが、ナビタット(Navitat)では、一段と進んだレベルの体験ができます。美しいブルーリッジ山脈に囲まれて、猛スピードで木々の上を飛び越えるスリルを味わってみてください。「ジップラインは、このアメリカのアドベンチャーの記録に少し似てます」とレティシアは言います。「思ったのはただ 1 つ。またやろうってことだけ」
ナビタットでのジップライン
詳細を表示

街のサウンドトラック

ノースカロライナ州アッシュビルの旅と一緒に楽しめる、地元ゆかりのサウンドトラックをご紹介しましょう。

  • 「サンズ・ゴナ・シャイン(Sun's Gonna Shine)」は、アシュビルに関する 2014 年のミュージカル「ブライトスター(Bright Star)」からの曲です。このミュージカルは、コメディアンのスティーブ・マーティンとエディ・ブリケルが共同で書きました。
  • カントリー歌手のダークス・ベントリーは、アッシュビルのエコー・マウンテン・スタジオ(Echo Mountain Studio)で、6 枚目のアルバムを 5 日間でレコーディングし、3 万人のファンがログオンして、そのプロセスを見守りました。「アム・アイ・ジ・オンリー・ワン(Am I The Only One)」(2011)は瞬く間にファンの間で大ヒットしました。
  • ライジング・アパラチアは、アッシュビル・シンフォニー・オーケストラと協力して、クロスオーバーアルバム「ジ・アッシュビル・シンフォニー・セッションズ(The Asheville Symphony Sessions)」(2016)を制作したバンドの 1 つです。「フィルシー・ダーティ・サウス(Filthy Dirty South)」は、このアルバムの 1 曲目です。
  • タイロンの近くで育ったニーナ・シモンの「アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー(I Put a Spell on You)」(1965)。
  • レディ・アンテベラムの「ロング・ストレッチ・オブ・ラブ(Long Stretch of Love)」(2014)には、ウッドローというアパラチア地方の楽器が登場します。これはアッシュビルでしか作られていません。
オレンジピール
詳細を表示
さらに調べる