Skip to main content
アラスカ・ネイティブ・ヘリテージ・センター

アラスカ州

アラスカ・ネイティブ・ヘリテージ・センター

提供: Pat DeCola

1 の 1
  • 州:
    アラスカ州

最後の開拓地で歴史探訪

アラスカ州は豊かな歴史遺産に恵まれています。少なくとも 11 の先住民の文化があり、それぞれに固有の言語、伝統、物語があります。この地域の膨大な文化の歴史がすべて、アラスカ・ネイティブ・ヘリテージ・センター(Alaska Native Heritage Center)に展示されています。ここを訪れ、興味をそそる物語や、この地に伝わる本物の歌やダンス、職人によるデモンストレーション、土着のゲームなどを通じて、先住民たちの文化を学びましょう。

ヘリテージセンターについて

アラスカ・ネイティブ・ヘリテージ・センターは、アメリカ先住民の文化を保存記録する施設として 1999 年に設立されました。アラスカ特有の土着の文化、言語、伝統、価値をユニークでインタラクティブな文化体験を通じて紹介および保存することを目的としています。

ガイド付きの村落地域ツアーでは、今なお残る文化をじっくりと見学することができます。さらに犬ぞり体験もできます。

アクティビティ

伝統的なエスキモースタイルのダンス、ユピクダンス(Yup'ik dance)を学んでみませんか。男性は前で膝で立ち、女性は後ろに立って踊ります。もしくは、いろいろなワークショップやクラスでやり投げをしたり、博物館の展示をじっくりと鑑賞したり、さまざまな文化のお祝いを体験してみたり、映画を見たり。当センターにはたくさんのアクティビティが用意されています。

最大の見どころは、美しいティウラナ湖(Lake Tiulana)を囲む木道を歩くツアーです。11 の異なるアラスカ州の文化グループの特徴が表れた 6 軒の本物の昔の住居を見学しながら進みます。各部族のガイドが、世界でも有数の興味深いアラスカの気候を彼らがどのようにして乗り越え、受け入れ、繁栄してきたのかについて、現地で説明してくれます。

館内設備

ヘリテージセンターではインタラクティブな音声ツアーと動画が見られる無料アプリを提供しています。文化の一部を持ち帰りたいと思ったら、メインエントランスの西側にあるヘリテージ・ギフト・ショップへどうぞ。

夏には、オープンエアのグリルレストラン、レイブンズ・コール・カフェ(Raven's Call Café)に席を取り、看板メニューのゲームバーガー(狩猟肉を使ったバーガー)や、獲れたての魚、肉のグリル、スープ、チャウダーをお召し上がりください。

季節のイベント

ヘリテージセンターでは冬の間、ワールド・インターナショナル・ミュージック・フェスティバル(World Intertribal Music Festival)や、インディジニアス・ワールド・フィルム・フェスティバル(Indigenous World Film Festival)、イディタロッドデイ(Iditarod Day)など、音楽や映画のイベントが催されます。これらのイベントも見逃せませんが、ロードトリップに合わせて訪れるなら夏の間がベストです。

夏のシーズンは、5 月初旬から 9 月初旬までで、ヘリテージセンターは毎日午前 9 時から午後 5 時まで開館しています。

行き方

ヘリテージセンターはアンカレッジのダウンタウンの近くに位置しています(住所:8800 Heritage Center Dr.)。グレンハイウェイからお越しの場合、ノースマルドゥーン通りの出口で降ります。チューダー通りからお越しの場合、チューダー通りを東へ進みます。カーブを道なりに進むとマルドゥーン通りに入ります。そのまま進んでグレンハイウェイを超え、アラスカ・ネイティブ・ヘリテージ・センターの褐色の看板がある最初の角を右折します。

駐車場は無料です。また、夏季は無料のシャトルバスがダウンタウンの 5 か所から出ています。

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ