Skip to main content
ユタ州にあるキャニオンランズ国立公園で楽しむダイナミックなスキー

アメリカの国立公園を 訪れるべき理由

提供: Miriam B. Weiner

1 の 1
  • 州:

アメリカは歴史がそれほど古くないため、ヨーロッパの壮麗な大聖堂やアジアの古代神殿のような歴史的建造物が数多くあるわけではありません。

しかし、手つかずの大自然という歴史を見ることができます。 雪に覆われた山々から色鮮やかな珊瑚礁、そしてなだらかな草原から真っ白な砂漠まで。アメリカには驚くほど多様な風景があります。 セオドア・ルーズベルトは、大統領在任中の 1900 年代初頭にこの事実を認識していました。 彼は米国林野局(U.S. Forest Service)を設立し、約 9300 平方キロメートルの国有地を保護しました。

国立公園について

マクギリブレイ・フリーマン・フィルムズ(MacGillivray Freeman Films)の社長であるグレッグ・マクギリブレイ氏は、アメリカの国立公園に対して、 ルーズベルトと同じ情熱を抱いています。 有名な IMAX 映画「エベレスト 3D」(Everest)や「イルカの楽園」(Dolphins)の監督を務めた同氏は、すべての人に国立公園のはてしない美しさを体験してほしいと考えています。それが、最新の大画面の映画「アメリカ・ワイルド 」(America Wild: National Parks Adventure)(提供:エクスペディア(Expedia)&スバル(Subaru))で国立公園にスポットライトをあてた理由です。 私たちは撮影中の監督をつかまえ、だれもがアメリカの国立公園を訪れるべきだと考えるのはなぜかを ルーズベルトと同じ情熱を抱いています。

アメリカ・ワイルド(3D 予告編ショートバージョン)

イエローストーン国立公園のグランド・プリズマティック・スプリングの景色
詳細を表示

彼は、「アメリカの国立公園が、何ものにも汚されておらず、そしてそれらが基本的に何千年、ひょっとしたら百万年前にさかのぼるという事実が、国立公園をいっそう価値あるものにしています」と言います。 「長い歴史はありませんが、過去のアメリカにいるという感覚を与えてくれ、これから進むべき道を理解するヒントを教えてくれます。 このことは、永遠なる私たちのルーツを教えてくれます」。

監督によると、アメリカの国立公園の広大さは、 彼が得意としている大画面映画に最適だということです。 監督とスタッフが撮影を終え、2016 年に国立公園を紹介するこの映画を一般公開する準備ができたら、 彼らに連絡するつもりです。 舞台裏の映像や、映画の出演者やスタッフのインタビューをこのサイトでも紹介する予定なので、どうぞお楽しみに。

さらに調べる