Skip to main content
アロファアガ噴水孔
1 / 1
  • 州:
    アメリカ領サモア

アメリカ領サモアにある素晴らしい自然、そして飛ぶココナッツを見られる場所です。

荘厳な噴水孔の数々は、サモアのサバイイ島のタガ村(Taga)近郊の美しい海岸線沿いに位置しており、タガ噴水孔と呼ばれることもあります。

アロファアガ噴水孔(Alofaaga Blowholes)や、これに似た噴水孔は、溶岩流が地下洞窟をゆっくりと削ることで形成されました。このような海食洞は、海とその上にある岩面をつなぐトンネルになるまで上に向かって伸びています。水がタガトンネルの海側の端にぶつかって砕けるとき、細い通り道に勢いよく流れ込み、竜巻上になって地上の穴から 20 メートルまたはそれより高くまで噴出します。そしてそれに伴う水圧からも、海水が噴出するごとに大きな噴出音が響きます。

サモアのほとんどの陸地は先住民族が保有し管轄している慣習地です。そのため、噴水孔に入りにタガ村を通る際、旅行者は見学するために少しの料金を支払う必要があります。初めて見る旅行者にとっては、急激なしぶきに思わず後ずさりをしてしまいそうになりますが、村民は全く驚きません。追加でもう少し料金を払うと、地元の人が大きく噴出する直前に噴出口にココナッツを投げ入れてくれます。ココナッツのロケットが水の噴射よりも高く、ゆうに 30 メートルは飛び上がります。最高のショーを見るなら、高潮の時に、ずぶ濡れになる気持ちで行きましょう。

旅行の前に知っておきたいこと

噴水孔は月~土曜日は毎日午前 8 時~午後 5 時まで、日曜日は午後 12 時~午後 5 時まで見学することができます。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。

さらに調べる
アプガンの丘のサンタアグエダ砦から見渡す市街と湾

旅行先

ハガニア

上空から見たイナラハンの美しい天然プール

旅行先

イナラハン

タモンベイでのシュノーケリング

旅行先

タモン