Skip to main content
ルイジアナ州ラファイエットのクロウフィッシュとトウモロコシ

ルイジアナ州

ラファイエットの 6 つの名物料理

提供: : Samantha Crespo

1 / 1
  • 州:
    ルイジアナ州

ラファイエットの人たちに混じって郷土料理を楽しみましょう。

ルイジアナ州のケイジャンカントリーには、珍しい野生生物が生息する神秘的なバイユー(ゆっくりと流れる川)、アコーディオンとバイオリンの音楽に合わせて踊る地元のダンス、そしてみんなが集まってくるおいしい料理を生み出すハーブやスパイス、地元の食材があります。

1. クロウフィッシュ

クロウフィッシュは、ザリガニ、クローダッド、マッドバグなどさまざまな名前で呼ばれていますが、 これらは、ルイジアナ州南部の沼地や湿地に生息している淡水性の甲殻類です。 地元料理には欠かせない食材ですが、旬は 12 月から 6 月までの期間に限られています。 この期間は、街角の食料品店からフルサービスのレストランまで、ラファイエット地域の 40 以上の店舗で名物料理として提供されます。 ピリッとした味付けがされた茹でクロウフィッシュ、コーンとジャガイモをぜひお試しください。

旬の時期には、ラファイエット地域の 40 以上の店舗で、さまざまな方法で調理されたこの小さな甲殻類を楽しむことができます。

旬の時期には、ラファイエット地域の 40 以上の店舗で、さまざまな方法で調理されたこの小さな甲殻類を楽しむことができます。
詳細を表示
Denny Culbert/Lafayette Travel
詳細情報

2. ブーディン

ブーディンは、豚肉、米、玉ねぎ、ピーマンに風味を加えて混ぜ、腸詰にしたソーセージのような食べ物です。 お肉屋さんの包装紙から温かいブーディンを取り出して、すぐに食べるのがおすすめです。 団子状にしてきつね色に揚げることも、パティの形にしてハンバーグとして楽しむこともできます。 ラファイエットで 10 月に開催されるブーディン料理コンテスト(Boudin Cook-Off)は、斬新なブーディン料理を試食したり、地元の音楽を聴いたりすることができる格好のチャンスです。

豚肉、ペッパー、米を混ぜて作るこのソーセージのような風味豊かな食べ物は、ラファイエットの人々に人気のテイクアウトメニューです。 

豚肉、ペッパー、米を混ぜて作るこのソーセージのような風味豊かな食べ物は、ラファイエットの人々に人気のテイクアウトメニューです。 
詳細を表示
Denny Culbert/Lafayette Travel
詳細情報

3. ラファイエットのプレートランチ

1 枚のお皿に、地元料理に欠かせないご飯を盛り、その上に柔らかいショートリブ肉やウサギ肉などをたっぷりとのせましょう。 そして、肉とご飯の上にピリッとした味の茶色のグレービーソースをかけて、2 種類の野菜とスライスしたパンを 1 枚添えれば、ラファイエットのプレートランチの出来上がり。 おいしくて、腹もちがよく、元気の出る食事です。 このようなシンプルな食事スタイルは、前世紀に、ラファイエットの労働階級のお腹を満たすために生み出されました。

肉、野菜、パンをたっぷり乗せたシンプルでボリューム満点のこれらの料理は、ラファイエットの労働階級のお腹を満たすために生み出されました。

肉、野菜、パンをたっぷり乗せたシンプルでボリューム満点のこれらの料理は、ラファイエットの労働階級のお腹を満たすために生み出されました。
詳細を表示
Denny Culbert/Lafayette Travel

4. ガンボ

ガンボには決まったレシピがありません。 むしろ、この料理は、作り手が代々引き継いでいる食習慣や手元にある食材によって変わります。 蟹、牡蠣、海老、鶏肉、ソーセージ、トマトなどを、煮込んでスープにするか、オクラやルーを使ってシチューにして、ご飯の上にかけて食卓に出します。 毎年 10 月に、ニューアイビーリアでガンボ料理の世界選手権(World Championship Gumbo Cook-Off)が開催され、開催期間中は特に、うっとりとするような風味豊かな香りが漂います。

ガンボには決まったレシピがありませんが、ラファイエットのほとんどの場所で、たっぷりの新鮮な蟹、牡蠣、海老、鶏肉、ソーセージ、トマトなどに、とろみをつけてシチューにしたこの料理を見つけることができます。

ガンボには決まったレシピがありませんが、ラファイエットのほとんどの場所で、たっぷりの新鮮な蟹、牡蠣、海老、鶏肉、ソーセージ、トマトなどに、とろみをつけてシチューにしたこの料理を見つけることができます。
詳細を表示
Denny Culbert/Lafayette Travel

5. ジャンバラヤ

ジャンバラヤはスペイン料理のパエリヤを連想させます。ふっくらとした海老、タッソ(Tasso)と呼ばれる豚肉の燻製、「三位一体」と呼ばれる玉ねぎ、ピーマン、セロリをさいの目切りにしたものなどの具を混ぜ合わせ、 ご飯の上に乗せて出します。ジャンバラヤはラファイエットで簡単に見つけることができますが、地元のシェフがレシピを競い合う 10 月のブラック・ポット・フェスティバル(Black Pot Festival)ほどにぎわう場所はおそらくないでしょう。

ご飯の上にかけて豚肉と一緒に出されるスパイシーな料理、ジャンバラヤは、ラファイエットで簡単に見つけることができます。

ご飯の上にかけて豚肉と一緒に出されるスパイシーな料理、ジャンバラヤは、ラファイエットで簡単に見つけることができます。
詳細を表示
Denny Culbert/Lafayette Travel
詳細情報

6. エトゥフェ

エトゥフェ(Étoufée)とは、クロウフィッシュまたは海老をたっぷり使い、ブロンド色のルーでとろみをつけ、ピーマンと玉ねぎと一緒に蒸し煮にしたシチューのことで、 フランス語の「蒸し煮にした」という言葉が、その名の由来です。この料理は、1920 年代の家庭のレシピが基になっています。4 月には、アーノードヴィルにある 聖ジョン・フランシス・レジス教会(St. John Francis Regis Church)の敷地内でエトゥフェのお祭りが開催されます。

フランス語の「蒸し煮にした」という単語から名付けられたエトゥフェは、季節のシーフードとスパイシーな風味が見事に調和した料理です。

フランス語の「蒸し煮にした」という単語から名付けられたエトゥフェは、季節のシーフードとスパイシーな風味が見事に調和した料理です。
詳細を表示
Lafayette Travel
さらに調べる
川のよどみの上を飛ぶアオサギ

旅行先

ホーマ

ウォシタ川を挟んでウェストモンローの反対側にあるモンローの中心街

旅行先

モンロー

スライデルと周辺にあるノースショアのコミュニティでの旅の一例 - ハニー・アイランド・スワンプ巡り

旅行先

スライデル