Skip to main content

ララミーは、草深い斜面が東西のギザギザした険峰へと続く、吹きさらしのララミー・リバー・バレー(Laramie River Valley)の平原にあります。 町から西へ 48 キロ。灰色の花崗岩の峰、透明度の高い山あいの湖、美しいワイルドフラワーなど、メディシンボウ山脈(Medicine Bow Mountains)が誇る自然の驚異は、年間を通じて観光客をひきつけて止みません。 16 キロ東のビデブー(Vedauwoo)には巨大な花崗岩があり、美しい岩場でのハイキングやロッククライミング、散策を目当てに観光客が大勢訪れます。

冬から春先にかけては、スノーモービルを楽しむ人たちが、粉雪に覆われた風景を背にスノーウィーレンジ山脈(Snowy Range Mountains)沿いの林道網を横切っていきます。 夏になると、世界中のクライマーがビデブーに集います。その目的はただ 1 つ、ワイオミング州(Wyoming)最古の花崗岩で、難易度の高いオフウィドゥスを制することです。 メディスンボウ国立森林公園(Medicine Bow National Forest)の無数のトレイルでは、美しい山あいの湖や高山の牧草地、そびえ立つ花崗岩の尖塔が見られます。

ララミーを訪れた人は誰でも、夏場のアクティビティとお祭りの豊富さに驚かされるでしょう。 ジュビリーデイズ(Jubilee Days)は、ロデオやストリートダンス、ライブ音楽で、ワイオミングの州としての地位を祝うお祭りです。 年に 1 度のブルーフェスト(Brewfest)には、地ビールを味わいにワイオミング州や近隣の州から大勢の人々が押し寄せます。 毎週開催されるファーマーズマーケットは、地元の食材や商店からの支援を分かち合い、地域社会を団結させる重要な役割を担っています。

ララミー(Laramie)には、西部開拓時代の逸話がちりばめられた歴史があります。 ワイオミング州は、1800 年代後半、州として認められる数十年も前に女性参政権を認めた最初の地域となりました。 アイビンソンマンション(Ivinson Mansion)、広大なワイオミング準州刑務所(Territorial Prison)、オーバーランドトレイル(Overland Trail)、バケット・オブ・ブラッド・シュートアウト(Bucket of Blood Shootout)は、どれも「レジェンド・オブ・ララミー」と呼ばれるガイドなしのツアーに含まれます。 1868 年設立のワイオミング大学(University of Wyoming)は、ララミーの文化的なイベントシーンの拠点です。 地質学博物館や、素晴らしいコレクションを所蔵する美術館など、文化施設の数は 5 本の指に余るほど。

芸術に興味があれば、ララミー壁画プロジェクトツアー(Laramie Mural Project tour)がおすすめです。 歴史ある建物に一風変わった近代的なアレンジを施すことでダウンタウン地区を様変わりさせた、この驚くべきコラボレーションについて学んでみませんか。 わずか数年の間にこのプロジェクトから生まれたいくつかの壁画が、小さな学生街の活気あふれるアートコミュニティをより一層際立たせています。

バラエティ豊富なレストランに地元の醸造所、カフェ、アンティークショップにギフトショップ。ララミーでの滞在目的が何であれ、この趣ある西部の町にはたいていのものが揃っています。 どこで何をするにしても、きれいな空気と西部の広大な山々というおまけ付きです。

おもしろ情報

ジャケ・ララミーの肖像画
詳細を表示

不気味な名前の一致:1820 年、フランス系カナダ人の毛皮商ジャック・ララミーは、ララミーで川沿いにわなを仕掛けに行ったまま姿を消し、二度とその姿が目撃されることはありませんでした。

ララミー初の発電所の古写真
詳細を表示

19 世紀末、ララミーは発電所によって夜空が明るく照らされ、「珠玉の平原都市(Gem City of the Plains)」というニックネームを得ました。

テレビ番組「ララミー牧場」に出演していたロバート・フラー
詳細を表示
Robert Fuller

ララミーには、この地を舞台にしたテレビ番組と映画があります(どちらも同名)。

Hot Air Balloon over Asheville, North Carolina
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

ララミーのオフィシャルトラベル情報

さらに調べる