Skip to main content

バッファロー・ビル自身が建てたダウンタウンのイルマホテル(Irma Hotel)を訪れましょう。コーディが最も活気づく夏には、このホテルの前で、コーディガンファイターズ(Cody Gunfighters)がピストルの撃ち合いを再現します。もう少し自然のワイルドさを求めるなら、13 ある観光牧場のいずれかでキャビンに宿泊し、乗馬やハイキングに出かけたり、ショーション国立森林公園(Shoshone National Forest)を散策してみましょう。

バッファロー・ビル・センター・オブ・ザ・ウェスト(Buffalo Bill Center of the West)は、カウボーイ文化の中心地です。このセンターには、ドレーパー自然史博物館(Draper Natural History Museum)、コーディ銃器博物館(Cody Firearms Museum)、ホイットニー・ウェスタン・アート・ミュージアム(Whitney Western Art Museum)、バッファロー・ビル博物館(Buffalo Bill Museum)、毎年 6 月に本物のパウワウを開催する平原インディアン博物館(Plains Indian Museum)という 5 つの博物館、美術館があります。コーディ・トロリー・ツアー(Cody Trolley Tour)に参加すると、バッファロー・ビル貯水池(Buffalo Bill Reservoir)、クロウインディアン居留地、開拓者の家、歴史地区を見学できます。笑いとともに歴史を学ぶなら、ダン・ミラーズ・カウボーイ・ミュージック・レビュー(Dan Miller’s Cowboy Music Revue)がおすすめです。ここでは、エンプティ・サドルズ・バンドが、ブルーグラス、コメディ、カウボーイによる詩の朗読で楽しませてくれます。コーディ・キャトル・カンパニー(Cody Cattle Company)は、チャックワゴンでのディナー付きの伝統的なウェスタンショーを上演しています。

夏中行われるアマチュアシリーズのコーディ・ナイト・ロデオ(Cody Nite Rodeo)であれ、1919 年に設立されたアメリカ最大のプロのロデオであるコーディ・スタンピード・ロデオ(Cody Stampede Rodeo)であれ、コーディのロデオシーンは圧巻です。さらにオールド・トレイル・タウン(Old Trail Town)を訪れましょう。イエローストーンハイウェイ(Yellowstone Highway)を出たすぐのところに復元された 25 棟の歴史的建造物が並んでいます。建物の構造、家具、展示品はすべて本物です。次の目的地がイエローストーンなら、I-90 シャッフル(I-90 Shuffle)をぜひ通ってください。イエローストーンカントリーの山と渓谷を通るこの道に代わるものはありません。あるいは、町で静かにマウンテン・バレー・アーティストリー(Mountain Valley Artistry)やビッグ・ホーン・ギャラリーズ(Big Horn Galleries)のようなギャラリーを巡ってはいかがでしょうか。地元のアート作品や西部の有名アーティストの作品を鑑賞できます。

おもしろ情報

ワイオミング州コーディにあるバッファロー・ビルの像
詳細を表示

コーディは1896 年にウィリアム F.「バッファロー・ビル」コーディ大佐が築いた町です。

有名な画家ジャクソン・ポロックは、ワイオミング州コーディで生まれ、10 ヵ月間を過ごしました。
詳細を表示

画家ジャクソン・ポロックはコーディで生まれました。

ワイオミング州コーディで熊を目撃
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

コーディのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる