Skip to main content

大邸宅と見事な庭園

ウィルミントンには、アメリカの由緒ある富豪一族の 1 つであるデュポン家が造った歴史的に重要な邸宅、博物館、庭園が残っています。 最初に、ハグレー博物館と図書館(Hagley Museum & Library)に立ち寄りましょう。 ここは、イー・アイ・デュポン・ガンパウダー・ワークス(E.I. du Pont Gunpowder Works)の創業地であり、一族が代々住んだ場所です。 火薬工場を訪れ、邸宅と庭園を見て回ることができます。 ヌムール邸と庭園(Nemours Mansion & Gardens)の見学も楽しんでください。ここには、部屋数 77 のフランスの城のような様式のデュポン家の大邸宅と、北アメリカ最大の幾何学的なフランス式庭園があります。 ウィンタートゥール博物館、庭園、図書館(Winterthur Museum, Garden & Library)では、85,000 点ものアメリカの骨董品のコレクションを収蔵しています。

 

ウィルミントンのスウェーデン人移民の歴史探訪

ウィルミントンのオールド・スウィーズ・チャーチ・アンド・ファンデーション(Old Swedes Church and Foundation)には、世界各地からスウェーデン系の人々が集まって、建設当時のまま使用されているものとしてはアメリカ最古の 1698 年築の礼拝所を見学したり、祖先を知る手がかりを求めて 400 年以上前に遡るこの地の広範な家系の記録を調べたりしています。 ここで、ニュースウェーデン植民地(New Sweden Colony)の歴史を学び、1690 年に自然石で造られた農家、ヘンドリクソンハウス(Hendrickson House)を見学しましょう。 ウィルミントンに最初の入植者を運んだ船の実物大の複製、カルマーニッケル号(Kalmar Nyckel)に乗船することもできます。 アンティークショップ、ギャラリー、博物館、居酒屋が集まる 17 世紀の町、ニューキャッスル歴史地区(Historic New Castle)の散策もおすすめです。

 

多様な食事と文化

ウィルミントンの多様なグルメシーンは、植民地時代の歴史とオランダのルーツや、チェサピーク湾(Chesapeake Bay)がその南の地域に与えた影響を物語ります。 豚肉、そば粉、スパイスで作るスクラップルやサイダードーナッツをメニューに載せている地域の名物料理レストランに加えて、生の魚介料理を出すレストランやカニの専門店があります。 エンターテインメントなら、1871 グランド・オペラ・ハウス(1871 Grand Opera House)またはデラウェア・シアター・カンパニー(Delaware Theatre Company)で公演を見ることをおすすめします。 デラウェア美術館(Delaware Art Museum)では、19 世紀から 21 世紀のアメリカの芸術作品を鑑賞できます。 そして、ウィルミントンを訪ねたら、自由気ままにショッピングを楽しみましょう。ウィルミントンではすべて非課税となります。

おもしろ情報

感謝祭の残り物を詰めたウィルミントンの定番料理、カプリオッティズのサンドイッチ「ザ・ボビー」
詳細を表示

ウィルミントンは、感謝祭の残り物を詰めたサブマリンサンドイッチ「ザ・ボビー」で知られるレストランチェーン、カプリオッティズの発祥地です。

ヌムール邸は、今は亡き実業家であり慈善家のアルフレッド・I.・デュポンの 田舎の邸宅です
詳細を表示

デュポン家は、スティーヴ・カレルが主役を演じた 2014 年の映画『フォックスキャッチャー』の題材となりました。

Hot Air Balloon over Asheville, North Carolina
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

これからのイベント

ウィルミントンのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる