Skip to main content

歴史に触れる

オールドカウタウン博物館(Old Cowtown Museum)は、西部開拓時代の古い町の雰囲気を味わえる生きた博物館です。当時の人々がどのような暮らしをしていたのか自分の目で確かめてみましょう。かつて、オイルマネーを手にした起業家たちがウィチタにやってきた時代がありました。その中にはウオルター・ビーチやクライド・セスナといった航空機産業に携わっている人たちもいました。カンザス航空博物館(Kansas Aviation Museum)では、航空機の歴史の初期を支えたパイオニア達について、そして現在アメリカで製造される航空機の半分以上がどのようにウィチタで製造されているかについて知ることができます。ウィチタの多様な民族の伝統について興味があるなら、キーパー・オブ・ザ・プレーンズ・プラザ(Keeper of the Plains Plaza)、カンザス州アフリカンアメリカン博物館(Kansas African American Museum)、ミッドアメリカン・オールインディアン・センター(Mid-American All-Indian Center)に足を運ぶとよいでしょう。

 

洗練されたアートシーン

ウィチタでは芸術も盛んです。オペラのファンなら、ウィチタ・グランド・オペラ(Wichita Grand Opera)の舞台のチケットを手に入れましょう。ウィチタ・グランド・オペラでは、世界的に有名なアーティストを定期的に招いています。毎年夏には、ミュージック・シアター・ウィチタ(Music Theatre Wichita)で上演されるブロードウェイスタイルのショーに多くの観客が詰め掛けます。ウィチタ交響楽団(Wichita Symphony Orchestra)が演奏するクラシックやポップスに耳を傾けたり、バレエウィチタ(Ballet Wichita)の才能あるダンサーによるパフォーマンスやウィチタ美術館(Wichita Art Museum)のすばらしいコレクションを鑑賞したりして、芸術に浸りましょう。

  

ショッピング、食事、観光

お土産やこの街ならではのギフト選びなら、クリフトンスクエア(Clifton Square)や歴史あるディラーノ地区(Historic Delano District)へ出かけましょう。2,500 匹を超える動物が飼育されているセジウィック郡動物園(Sedgwick County Zoo)、タンガニーカ野生動物公園(Tanganyika Wildlife Park)、緑豊かなボタニカガーデンズ(Botanica gardens)では自然との触れ合いを楽しむことができます。ウィチタは、Livability.com が選ぶ「驚きのグルメ都市トップ 10(Top 10 Surprising Foodie City)」入りを果たしたグルメの町でもあります。ウィチタには世界各国や地元の料理を提供するレストラン、スペシャルティコーヒーの店、すばらしいブルワリーやワイナリーが充実しており、それが選ばれた理由です。

おもしろ情報

ウィチタのキーパー・オブ・ザ・プレーン像
詳細を表示

ウィチタのランドマークであるキーパー・オブ・ザ・プレーン像の高さは 13.4 メートル。アメリカで 12 番目に大きい像です。

ノースカロライナ州アッシュビルの航空写真
詳細を表示
周辺情報
旅のアイデアをさらに表示

ウィチタのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる