Skip to main content

浜辺、灯台、アウトドアの探検

深い淡水湖の氷河に削られた景色となだらかな丘陵地帯に囲まれたトラバースシティエリアには、ミシガン湖(Lake Michigan)の湖岸線が途切れることなく延びており、その距離は 376 キロメートルにおよびます。湖畔には、水泳、クルーズ、ボート、浜辺での遊び、カヤックを楽しむ人々が集まってきます。スリーピングベアー砂丘国立湖岸公園(Sleeping Bear Dunes National Lakeshore)では、100 キロメートルの曲線沿いにビーチ、入り江、島、丘が連なっています。この公園は、テレビ番組「グッド・モーニング・アメリカ」の視聴者投票で「アメリカで一番美しい場所」に選ばれたことがあります。また、ミッションポイント(Mission Point)、グランドトラバース(Grand Traverse)というどこか懐かしさを感じさせる 2 つの灯台があり、風光明媚な半島の先端にある観光名所になっています。リーランド(Leland)は釣り人にとっての楽園です。歴史ある漁村フィッシュタウン(Fishtown)を観光してから、アメリカで最上級のマスのいる川で釣りを楽しむことができます。 

 

グルメ、ショッピングの都

果物の生産地としておなじみのトラバースシティは、タルトチェリーのアメリカにおけるトップ生産地で、ワインやクラフトビールの生産が盛んです。リーラノー半島(Leelanau peninsula)やオールドミッション半島(Old Mission peninsula)には約 40 のブドウ園やワイナリーが点在しています。どちらにも公式のワイントレイルがあり、ブドウの木が生い茂る景色をたっぷり堪能できます。地ビール醸造所や小規模蒸留所に加えて、周辺の森林、海や川、農場で収穫した新鮮な地元の食材にこだわる新世代の才能豊かなシェフの登場により、地元の料理もにわかに注目を集めています。トラバースシティは、『ボナペティ』誌の「アメリカのグルメ都市トップ 5」に選ばれたことがあり、人気シェフのマリオ・バタリはこの街を「現代のグルメパラダイス」と呼んでいます。景色のよい道をドライブしてレストランやピクニックスポットを訪れたり、TART トレイル(TART Trail)のサイクリングをお楽しみください。8 つのルートは舗装されており、その距離は合計 161 キロメートルにおよびます。ザ・ビレッジ・アット・グランド・トラバース・コモンズ(The Village at Grand Traverse Commons)ではショッピングを心行くまでお楽しみください。この建物は 1884 年に建設された旧州立病院の建物を改装したもので、ショップ、レストラン、スタジオが集まるコミュニティへと生まれ変わりました。

 

トラバースシティのダウンタウン

トラバースシティは、かつては素朴な休暇先でしたが、周囲の景観と調和する道路、公園、公共スペースが点在し魅力溢れる洗練された小都市へと変貌を遂げました。ダウンタウンも例外ではなく、ビクトリア様式の並木道にブティック、コーヒーショップ、レストランが軒を連ねています。アーティスト、職人、ミュージシャンの人口が多いことから、ギャラリー、スタジオ、博物館や美術館、そして芸の才能豊かな人が多く、豊かな文化を体験する機会が豊富にあります。歴史的に有名な大映画館である州立劇場(State Theater)またはその姉妹劇場であるビジューバイザベイ(Bijou by the Bay)に立ち寄って、新旧の映画をお楽しみください。フィルムフェスティバルの時期もおすすめです。

おもしろ情報

スリーピングベアー砂丘国立湖岸公園を探検
詳細を表示

2011 年、スリーピングベアー砂丘国立湖岸公園は、テレビ番組「グッド・モーニング・アメリカ」の視聴者投票で「アメリカで一番美しい場所」に選ばれました。

トラバースシティで獲れた山盛りのサクランボ
詳細を表示

グランドトラバース地域は、タートチェリーの世界最大の生産地です。このサクランボは主にパイに使用されます。商業果樹園には 300 万本を超える木があり、そこで栽培されています。

トラバースシティにある豊穣で美しいブドウ園
詳細を表示

オールドミッション半島とリーラノー半島の斜面には 40 近くのブドウ園とワイナリーが点在し、ワイン生産地としてますます注目を浴びるようになっています。

トラバースシティ近郊のリーラノー半島に沈む夕陽
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

これからのイベント

トラバースシティのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる