Skip to main content

1883 年にバイソンを狩るためにダコタ準州を訪れたセオドア・ルーズベルトは、この出来事がアメリカに消えることのない影響を及ぼすとは想像しなかったでしょう。大統領がここで見た荒涼たる地形こそ、のちにアメリカ林野局を作り、アメリカが今日も恩恵を受けている保護政策を形作るきっかけとなったのです。

ノースダコタ州にあるこの 285 ㎢ の公園が、その風景をこよなく愛した人物にちなんで名づけられたのは至極当然のことでした。セオドア・ルーズベルト国立公園は、3 つの地区に分けられます。有名なペインテッドキャニオンのある南ユニットは、園内で最も人気の高いエリアです。エルクホーン牧場は、ルーズベルトの 2 つ目の牧場とバッドランズの自宅があった場所ですが、現在では、家の基礎のみが残されています。冒険好きな旅行者なら北ユニットを目指しましょう。バックカントリーのハイキングトレイルを歩けば、ご褒美に素晴らしい景色が待っています。

さらに調べる
メサヴェルデ国立公園にて、13 世紀のバルコニーハウス、岩窟住居跡からの眺望

旅行先

コルテス

ハイキングの途中で橋を渡る家族連れ

旅行先

コーディ

スノーウィー・レンジ・シーニック・バイウェイ沿いの絶壁

旅行先

ララミー