Skip to main content

サーフサイドの静かなビーチは、96 番ストリートと 87 番テラス間、バルハーバー(Bal Harbour)からノースビーチ(North Beach)まで続いています。 完璧なターコイズブルーの大西洋を背景に約 2 キロメートルにもわたり途絶えることのない海岸線を毎日楽しみましょう。

のんびりとした町を存分に楽しむには、指定されたデコバイク(Deco Bike)ステーションで自転車をレンタルしてビーチルートをたどりましょう。海辺の住宅、町のコミュニティセンター、シックなランドビーチホテル(Grand Beach Hotel)と高級コンドミニアム、サーフクラブ(Surf Club)のフォー・シーズンズ・ホテル(Four Seasons Hotel)、フェンディシャトー(Fendi Chateau)などを巡ることができます。

1935 年にサーフサイドが合併されたときには、住民は50 人しかいませんでしたが、現在は約 6,000 人います。 現在もその当時からの魅力が溢れているため、サーフサイドは特別な場所です。 ビジネス街は小さな町のメインストリートの雰囲気をかもし出し、アボット(Abbott,)、バイロン(Byron)、カーライル(Carlyle)、ディケンズ(Dickens)など有名な作家や詩人の名前が付いた通りにはアールデコ風の住宅が並んでいます。

海からほど近くにあり、町のショッピングと食事ができる地区にある、ヤシの木が立ち並ぶハーディングアベニューで爽快なウォーキングをするのもおすすめです。 歩道沿いには個人経営のユニークなカフェがあり、各国の料理やアメリカ料理を提供しています。 近年では、サーフサイドは充実したコーシャーフード(ユダヤ教の戒律に従った食事)の豊富な選択で知られるようになりました。 高級なコーシャースタイルのイタリア料理、バーベキュー、寿司、コーシャー・コロブ・イスラエル(kosher cholov Yisroe)に影響を受けたアイスクリームを販売するピザ屋、ペストリーショップなど多くのバリエーションから選択できます コーシャースーパーマーケットでは、安息日(Shabbat)のごちそうの食材を買うことができます。

ハーディングアベニューではいろんな店でショッピングを楽しめます。 花屋、メガネ屋、高級ファッションと布地店、スターバックス、ジャン・クロード・ビギン・サロンなどのチェーン店、銀行、その他にも便利な施設やサービスが提供されています。

冬の時期にサーフサイドを訪れると、1 月から 4 月の毎月第 3 木曜日の夜にサードサーズデイ(Third Thursdays)というブロックパーティが開催されます。 このパーティでは、ライブエンターテインメントに加えて、サーフサイドのメインのショッピングと食事の通りに隣接する、コリンズアベニューとハーディングアベニュー間の 95 番地ストリート沿いにさまざまなフードトラックが立ち並びます。

数ブロック南にある、コリンズアベニューとハーディングアベニュー間の 93 番地ストリートには、町の公共の場所にアートを展示する取り組みテールズ・オブ・サーフサイド・タートル・アート・ウォーク(Tales of the Surfside Turtle Art Walk)があります。ここには地元のアーティストが作成したウミガメの彫刻が展示され、サーフサイドに産卵に来るアカウミガメについての関心を高めようとしています。

絶えず成長しているこの町は、ショッピングや食事を簡単に楽しんだり、ビーチで 1 日をのんびり過ごせる町を満喫したい旅行者を歓迎してくれます。 家族が安心して過ごせる環境で、本当に大切なものに再び気付かせてくれます。

おもしろ情報

サーフサイドの町に沿った鮮やかな青色のビーチ
詳細を表示

1920 年代にサーフサイドが町になる前は、この地域の大部分を所有していたフランス人によって「ノーマンディービーチ」(Normandy Beach)と名付けられていました。

ノースカロライナ州アッシュビルの航空写真
詳細を表示
周辺情報

サーフサイドのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる
パウダーサンドのビーチ、海、空が広がるロングボートキー

旅行先

サラソタ

穏やかな早朝、海辺を歩く

旅行先

ベロビーチ