Skip to main content

ビーチ、島、周辺地区の見どころとアクティビティ

午前中はセント・ピート・ビーチでウィンドサーフィンやジェットスキー、パラセーリングなどのウォータースポーツを楽しんで、アクティブに過ごしましょう。ショッピングやグルメを満喫するなら、ダウンタウンのセントラルアベニューへ。流行に敏感で個性的な地元の人びとにも人気のエリアで、リラックス感とアートな雰囲気に満ちています。もちろん、島の風情を味わいたい方にぴったりの場所もあります。エグモントキーに飛んで海に沈む遺跡をシュノーケリングで巡ったり、北へ移動して手付かずのハネムーン島(Honeymoon Island)へ足を伸ばしましょう。家族みんなで楽しめるスポットや、新鮮なシーフードが味わえるグルメスポットをお探しなら、マデイラビーチにあるジョンズ・パス・ビレッジ&ボードウォーク(John's Pass Village & Boardwalk)の遊歩道沿いのショップや、さらに南にあるフォート・デ・ソト公園(Fort De Soto Park)がおすすめです。

クリアウォータービーチの中心部から車ですぐの場所にあるクリアウォーター海洋水族館(Clearwater Marine Aquarium)は、地元の海の生物についていろいろと学べるスポット。日差しを避けて一休みしたいときにもぴったりです。周辺地域にある 40 以上の地ビールの醸造所を巡るためのトレイル「ガルプコースト(Gulp Coast)」に沿って小旅行をするのもおすすめ。職人技が生み出すでき立てのビールを試飲できます。中でもぜひ試してみたいのが「フロリダヴァイセ」。酸味と低アルコールと強炭酸が特徴のこのビールは、ベルリーナーヴァイセからヒントを得てつくられたもの。醸造所ごとにキーライムやドラゴンフルーツやパッションフルーツなどのフレーバーをつけて、独自のトロピカルな風味を追求しています。

 

ダウンタウンのアートシーン

セントピート/クリアウォーターはその素晴らしい海やビーチだけでも観光地として十分魅力的な場所ですが、観光にふさわしいスポットはそれだけではありません。世界有数の美術館のほか、時代の先端をゆく都会のアートも満喫できるのです。特に見逃せないのがダリミュージアム(Dali Museum)。スペインが誇るシュルレアリスムの巨匠サルバドール・ダリの作品を、スペイン以外では最も多く収蔵している美術館です。モーリーン・アーツ・センター(Morean Arts Center)に常設されている、著名なガラス彫刻家デイル・チフーリの作品群であるチフーリコレクション(Chihuly Collection)も必見です。これらの美術館はいずれも、セントピートのダウンタウンの中心部にあります。流行を体感したいなら、都会のアートに触れてみましょう。セントピートのダウンタウンをはじめさまざまな地区で数多くの秀逸な壁画アートを見ることができます。

 

アクセスと移動の手段

最高のビーチと楽しいエリアが満載のセントピート/クリアウォーターは、とても簡単に訪れることができます。周辺には 2 つの国際空港があり、およそ 100 本の直行便があります。また、オーランドからも車で短時間で訪れることができます。セントピート/クリアウォーターは徒歩で移動しやすく公共交通機関も充実している街なので、観光はとても楽。ガルフコーストに位置するフロリダ州での休暇を思う存分満喫できます。

おもしろ情報

フロリダ州ダリミュージアム
詳細を表示

セントピーターズバーグは、1967 年 2 月 9 日から 1969 年 3 月 17 日まで 768 日間連続晴天という、ギネス世界記録(Guinness Book of World Records)を保持しています。

クリアウォーター海洋水族館のイルカのウィンター
詳細を表示

クリアウォーター海洋水族館では、映画「イルカと少年」シリーズのイルカのウィンターが飼育されています。

ダウンタウンの水辺に沿って練り歩くセント・ピート・プライドのパレードを上空から見た様子
詳細を表示

毎年 6 月に開催されるセント・ピート・プライドはフロリダ州最大の LGBT の祭典。週末に 25 万人以上が集い、パレードやブロックパーティー、ライブミュージックなどのイベントで盛り上がります。

上空から見たクリアウォータービーチのピア 60s
詳細を表示
周辺情報

セントタマニー郡のクリアウォーターのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる
大西洋に突き出た桟橋、アメリア・バイ・ザ・シー

旅行先

アメリア島