Skip to main content

非凡なランドマークと公園

リバティ州立公園(Liberty State Park)は、都市の喧噪の中でニューヨーク湾(New York Bay)の新鮮な空気を味わえるスポットです。 リバティ島(Liberty Island)とエリス島(Ellis Island)に向き合うこの公園は 405 ヘクタールの面積を持ち、自由の女神像を臨む遊歩道が整備されています。 公園の北端にある史跡セントラル・レイルロード・オブ・ニュージャージー・ターミナル(Central Railroad of New Jersey Terminal )を見学するのもよし、フリーダムウェイ(Freedom Way)を自転車や徒歩で楽しむのもいいでしょう。ハドソン川ではカヤックによるエコツアーも用意されています。 エンプティスカイ 911 メモリアル(Empty Sky 911 Memorial)は、かつて世界貿易センタービル(Twin Towers)があった方向を向いたステンレス製の回廊です。同時テロの犠牲になったニュージャージー市民を追悼する目的で建立されています。 リバティ・サイエンス・センター(Liberty Science Center)の 12 のギャラリーと数百店の展示物、アメリカ最大といわれる IMAX ドームシアターも見逃せません。 ここからフェリーによる自由の女神像クルーズ(Statue of Liberty Cruise)に乗船すれば、ニューヨーク市のスカイラインをより間近に見ることができます。

 

文化面のハイライト

いくつかの博物館では、この地域の多様な伝統と文化の影響を見て取ることができます。 ロシア美術館(The Museum of Russian Art)の型にはまらない収蔵品を見て回るのも興味深いでしょう。巡回展示と恒久展示の作品を鑑賞できます。 アバンギャルドな作品や非協調主義の作品に重点を置いて季節ごとに繰り広げられる展示に注目です。 図書館の 2 階に設けられたアフリカ系アメリカ人歴史文化協会博物館(Afro-American Historical and Cultural Society Museum)を訪ねてみましょう。アフリカ系アメリカ人の文化遺産を伝える各種の記録、芸術品、文書、写真が収蔵されています。 ジャージーシティのダウンタウンにあるパワーハウス(Powerhouse)アートディストリクトとリバービュー(Riverview)アートディストリクトで、このコミュニティのビジョンを肌で感じてから、マナコンテンポラリー(Mana Contemporary)に向かいましょう。ここでは、最先端のアート、ダンスパフォーマンス、映画の上映などを見ることができます。 ジャージーシティを離れる前に、ランドマーク・レーベ・ジャージー劇場(The Landmark Loew’s Jersey Theatre)でコンサートや演劇を楽しむのもいいでしょう。

 

より活動的なアクティビティへ

ハドソン川でカヤックやセーリングを楽しまないのであれば、また自由の女神像をジェットスキーで巡らないのであれば、ポール・ポジション・レースウェイで時を過ごすのはいかがでしょうか。 この屋内ゴーカート施設は、少人数でも大人数でもグループでトラックを走り回ることができます。あらゆる身長と年齢の子供に合わせたカートが用意されています。 もっと大きな興奮をお望みなら、レッドブルアリーナでサッカーやラグビーの試合観戦やコンサート体験はいかがでしょう。このアリーナは、アメリカ・メジャー・リーグ・サッカーのニューヨークレッドブルスの本拠地です。 ご自身で体を動かしてみたいのであれば、アイス・スケート・リンク、プール、運動場、フィールド、コートが整備されているパーシング・フィールド・パーク(Pershing Field Park)がおすすめです。

おもしろ情報

ジャージーシティのカルロスベーカリー(Carlo’s Bakery)店先の「 ケーキボス」のバディー
詳細を表示

ホーボーケンでは、リアリティーテレビ番組「ケーキボス」で一躍有名になったカルロスベーカリーの初代店舗を訪ね、試食が楽しめます。

有名な自由の女神像
詳細を表示
Michael Marmora

法的には自由の女神像はニューヨーク州の管轄下にありますが、実際にはニュージャージー州に存在しています。

ジャージーシティのリバティ・サイエンス・センターの外観
詳細を表示

リバティ・サイエンス・センターにはアメリカ最大の IMAX ドームシアターが設置されています。

Hot Air Balloon over Asheville, North Carolina
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

これからのイベント

ハドソン郡のオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる