Skip to main content

『AAA サザン・トラベラー』誌(AAA Southern Traveler Magazine)によってミシシッピ州で最も素敵な街に選ばれたジャクソンは、1903 年にまで遡る壮麗な州議会議事堂から、凶弾に倒れた公民権運動家メドガー・エバーズの倹しい住居まで、素晴らしい建築があることでも知られています。 『コンベンションサウス』誌(Convention South Magazine)の編集者も、ジャクソンをアメリカ南部で「行政関連の建物が多い都市」トップ 10 に選んでいます。

この街の生活には、芸術が染み込んだ伝統から生まれた、ゴスペル、ブルース、ロック、ジャズ、クラシックなどのあらゆる音楽が息づいています。 ブルース発祥の地を実際に見て体感してみたい方は、 歴史的なファーリッシュストリート地区の壁からブルースの影響がにじみ出る F ジョーンズ コーナー(Jones Corner)や、 『ミスティーブルー』を歌う伝説的なドロシー・ムーアに出会いそうなハル・アンド・マル(Hal and Mal)のブルーマンデー(Blue Monday)に立ち寄りましょう。毎年 8 月の第 3 週末に開催されるジャクソン・リズム・アンド・ブルース・フェスティバル(Jackson Rhythm and Blues Festival)では、ミシシッピ農林業博物館の素朴な敷地に作られた 5 つのステージで 30 人余りのアーティストの音楽を鑑賞することができます。

『ゲット・オン・アップ』(Get on Up)や『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』(The Help)などの映画のゆかりの地を訪ねてみませんか。 ジャクソンを訪れて、タリア・マラ・ホール(Thalia Mara Hall)、ブレンツ・ドラッグス、ユードラ・ウェルティの家(Brent’s Drugs, the Eudora Welty Home)と博物館、またはミシシッピコロシアム(Mississippi Coliseum)など、主なシーンで使われた特徴的なランドマークを見つけましょう。 チャドウィックボーズマン、ミックジャガー、ダン・エイクロイドがこの地での撮影中に歩いた通りを歩いてみるのも良いかもしれません。

ジャクソンでは、多くのユニークな博物館や野外アトラクション、数百ものイベントやお祭り、3 つの歴史文化地区、無数にある視覚芸術や舞台芸術、人気のスポーツ、素敵なナイトライフを楽しめます。 スミス・ロバートソン博物館/文化センター(Smith Robertson Museum and Cultural Center)は、CNN の 2014 年度の 50 州 50 か所の観光スポットで一番見たい観光スポットに選ばれました。 世界中の若い意欲的なダンサー志望者たちが、国際的な舞台で演じる機会を得て人生を変えることを夢見て競い合うアメリカ国際バレエコンクール(USA International Ballet Competition)。ジャクソンはその開催地でもあります。

ジャクソンでは、あらゆる人の興味を満足させる特徴的なイベントを開催しています。 馬がお好きな方には、ミシシッピの方面では最大規模の馬および牧畜のイベントであるディクシー・ナショナル・ロデオ(Dixie National Rodeo)があります。 2015 年ロード・ランナー・クラブ・オブ・アメリカ・チャンピオンシップ(Road Runners Club of America Championship)が開催されるミシシッピ・ブルース・マラソン(Mississippi Blues Marathon)に参加して、ブルース(憂鬱)を吹き飛ばしましょう。 「パーティグラ」(Parti Gras)は、毎年春に 2 週間にわたって行われるお祭りで、「グリーン・マルディグラ」(green Mardi Gras)や、特に「スイート・ポテト・クイーン」(Sweet Potato Queen)になった場合は、誰でも 1 日だけ王様または女王様になれる愉快なホームカミングと呼ばれています。

郷土料理はクラシックな南部料理ですが、その幅は、心を満たすソウルフードから南部料理を融合した創作料理、さらには南部スタイルの外国料理に至るまで、多岐にわたります。 この街には、「ガイズ・グローサリー・ゲーム」(Guy’s Grocery Games)のチャンピオンであるシェフ、トム・ラムジーのレストラン、ラ・フィネストラ(LaFinestra)や、最近『ニューヨーク・タイムズ』紙(New York Times)で特集されたメイフラワーズ・カムバック・ソース(Mayflower’s Comeback Sauce)があります。 あなたのお気に入りのお店も、 ジャクソンのレストラントップ 300 に入っていることでしょう。

おもしろ情報

ジャクソンは当初、フランス系カナダ人の貿易商ルイ・ル・フルールにちなんでル・フルールス・ブラフ(LeFleur’s Bluff)と名付けられましたが、1822 年に州都になった後、第 7 代アメリカ大統領 アンドリュー・ジャクソンによって現在の名前に変えられました。
詳細を表示

ジャクソンは、フランス系カナダ人の貿易商ルイ・ル・フルールにちなんでル・フルールス・ブラフ(LeFleur’s Bluff)と呼ばれていましたが、1822 年に州都になった後、第 7 代アメリカ大統領 アンドリュー・ジャクソンによって現在の名前に変えられました。

ノースカロライナ州アッシュビルの上空に浮かぶ熱気球
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

ジャクソンのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる