Skip to main content

人口およそ 3,000 人のサーモポリスは、小さな町ならではの魅力にあふれています。サーモポリスは、総人口わずか 4,800 人のホットスプリングス郡で唯一、信号がある町です。

最も有名なホットスプリングス国立公園(Hot Springs State Park)をはじめ、ほとんどの名所が町の中にあり、鉱泉を求めて毎年大勢の観光客が詰めかけます。公園のハイライトである「世界最大のミネラル温泉」にはさまざまな屋内と屋外のプール、スライダー、スチーム洞窟があり、アクティビティも豊富です。温泉に浸かって疲れを癒やそうと、毎年大勢の観光客がこの地を訪れます。

サーモポリスからおよそ 48 キロメートル北西のレジェンドロックペトログリフサイト(Legend Rock Petroglyph Site)では、92 枚の岩板に描かれた 283 以上の絵が見られます。中には 10,000 年前に彫られたものも。

公園周辺の指定地域を自由に歩き回るバッファローの姿は、車の中からでも簡単に見つかるでしょう。無料コンサートやギフト・オブ・ウォーターズ・ページェント(Gift of the Waters Pageant)、ビッグ・ホーン・ベイスン・フォーク・フェスティバル(Big Horn Basin Folk Festival)など、夏になると公園は音楽とイベントで賑わいます。

ウィンドリバー渓谷(Wind River Canyon)とボイセン国立公園(Boysen State Park)は、サーモポリスの南側。ビッグホーン川(Big Horn River)と共に、この辺りはワールドクラスの釣りと狩猟の名所です。また、水鳥、プロングホーン、シカ、エルク、クマ、オオツノヒツジ、ムース、高地に棲む鳥など、野生動物の宝庫でもあります。

サーモポリスにある 9 ホールのゴルフコースは、ラウンドトップ山(Roundtop Mountain)と町の絶景が自慢です。テニスコートにバスケットボールコート、サッカー場やロデオ競技場、イベント会場も充実しており、退屈する暇はありません。

通年営業のホットスプリングス郡博物館(Hot Springs County Museum)とカルチャーセンターは、周辺でも高い評価を得ています。ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドが足しげく通ったホール・イン・ザ・ウォール・バー(Hole in The Wall Bar)など、西部開拓時代の暮らしを彷彿とさせる名所が数多く残されています。

ワイオミング・ダイナソー・センター(Wyoming Dinosaur Center)で、先史時代の世界について学んだり、古代の恐竜と同じ地面を歩いたり、貴重な機会を満喫しましょう。世界有数のこの博物館は年間を通して営業しており、夏になると化石発掘場もオープンします。

ワイオミング州で初めて合法的にウィスキーの蒸留を行ったワイオミングウィスキー(Wyoming Whiskey)があるのは、サーモポリスから 19 キロメートル北にあるカービーという町です。1 年中いつでもギフトショップを訪れたり、蒸留所を巡るツアーに参加したりできます。

ワイオミング州の小さなこの町は名所やアクティビティの宝庫。数日間滞在しても、また訪れたくなること請け合いです。

おもしろ情報

見るだけで触れることはできませんが、ホットスプリングス州立公園にはバイソンの小さな群れがいます。
詳細を表示

見るだけで触れることはできませんが、ホットスプリングス州立公園にはバイソンの小さな群れがいます。

Hot Air Balloon over Asheville, North Carolina
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

サーモポリスのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる