Skip to main content

「ガーデンシティ」の愛称で親しまれるロックフォード。その名のとおり、市内のいたるところに公園や庭園があり、総面積は 4047 ヘクタールにのぼります。数ある庭園の中でもアンダーソン日本庭園 (4.8 ヘクタール) は人気が高く、北米にある日本庭園ナンバーワンに選出されたこともあります。園内は美しい滝や池を中心に小道が巡らされており、16 世紀の数寄屋造りの茶室が情緒を添えています。 この他にも 60 ヘクタールの広大な敷地に珍しい樹木や灌木、多年生植物が生い茂るクレム森林公園、1800 年代後期の庭園を再現したミッドウェイ・ビレッジ博物館とティンカー・スイス・コテージ博物館など、テーマはさまざまです。ロック川沿いの散歩道を一望するニコラス温室植物園は、温室としては州内で 3 番目に大きく見ごたえたっぷりです。

同じアウトドアでもスリルを味わいたい人には、ダウンタウンにある最新のジップラインツアー、ジップ・ロックフォードがお勧め。市内を流れるロック川でもロックタウン・アドベンチャーズ社によりカヤックツアーが催行されているので、手軽に自然を満喫できます。郊外に足を伸ばせば、アクティビティの幅はさらに拡大。ウエスト・ロック・ウェイク公園ではウェイクボードを、面積 1250 ヘクタールの広大なロック・カット州立公園では湖で水遊びやカヤックに興じたり、サイクリングやハイキングを楽しめます。

緑豊かなロックフォードは、ゴルフファンにとってもまさに天国。『ゴルフダイジェスト』誌のプレイをする場所  (Places to Play) に選ばれたアルディーン・ゴルフクラブを筆頭に、シニシッピ・ゴルフコースやアルパイン・ヒルズなど素晴らしいコースが多数あり、中規模サイズの都市としては世界トップクラスのゴルフが楽しめる贅沢な環境となっています。

ロックフォードでは、博物館巡りも楽しみのひとつ。バーピー自然史博物館には、有名なティラノサウルスの「ジェーン」やトリケラトプス「ホーマー」の化石など、ここでしか見られない貴重な展示品が並んでいます。 ディスカバリー・センター博物館もまた「アメリカの子供向け博物館トップ 12」に名を連ねる人気スポット。子供向けとはいえ、250 を超える体験型展示は大人でも十分に楽しめます。アートファンならシカゴ以外の地域では最大の規模を誇るロックフォード美術館が必見です。

アートの中でも舞台芸術に興味がある人は、コロナド・パフォーミングアーツ・センターへ。野外劇場をイメージしたユニークなデザインで、観客席の天井に美しい星空が描かれているのが特徴です。また、スペインの古城やイタリアの邸宅を思わせる優美な装飾に中国風の龍をあしらった内装は実に豪華絢爛で、一見の価値あり。もちろん演目のクオリティも素晴らしく、ロックフォード交響楽団の演奏やブロードウェイミュージカルなどバラエティに富んだプログラムを楽しめます。

ロックフォードでもうひとつ見逃せないのがローラン邸です。20 世紀を代表する建築家フランク・ロイド・ライトが唯一手がけたバリアフリーの設計で、同氏の自信作だといわれています。現在は修復され、博物館として一般公開されているこの邸宅。平屋建てのユソニアン住宅と呼ばれる後期作品のひとつで、ライトらしいこだわりが細部にまで感じられます。

ここでしか体験できないアトラクションが満載のロックフォード。ぜひ、その魅力を実際に体験してください。

おもしろ情報

Historic Village of Midway
詳細を表示

Rockford was first called "Village of Midway" because it's midway between Chicago and Galena.

Rockford’s famous Stockholm Inn, where Swedish pancakes are the specialty
詳細を表示

Rockford has a large Swedish population and is home to the Stockholm Inn, which serves thousands of Swedish pancakes a year.

Hot Air Balloon over Asheville, North Carolina
詳細を表示

体験ロックフォード

旅のアイデアをさらに表示

これからのイベント

ロックフォードのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる