Skip to main content

ビーチとアドベンチャー旅行

ロングビーチから出発しましょう。ここは、サーフィンレッスンやビーチサイドの空中ぶらんこなど、アクティビティが豊富な場所です。 ジョーンズビーチ州立公園(Jones Beach State Park)に行くと、プールで遊んだり、レストランで食事をしたり、ビーチにある円形劇場のニコン(Nikon)でコンサートを楽しんだりできます。 釣り竿を持って、キャップツリー州立公園(Captree State Park)からチャーター船で出発することもできます。 長さ 50 キロメートルのファイアーアイランド(Fire Island)は、フェリーでしか行けませんが、ぜひ訪れてください。 ビーチの砂丘の奥にある樹齢 300 年のサンケンフォレスト(Sunken Forest)に出かけて、ハイキングをしましょう。 LGBT コミュニティの安らぎの場を求めているなら、ファイアーアイランドの陽気な村、チェリーグローブがまさにその場所です。

 

文化のホットスポット

ロングアイランドには、アメリカの優れた思想家や芸術家の何人かが住居や仕事場を構えていました。ポロック - クラズナー・ハウス・アンド・スタディー・センター(Pollock-Krasner House and Study Center)では、画家のジャクソン・ポロックの家とアトリエを見学できます。アトリエにしていたかつての納屋の床が絵の具で覆われている様子も見ることができます。 ウォルト・ホイットマン生誕地州立史跡(Walt Whitman Birthplace State Historic Site)でアメリカ最初の「民主主義詩人」の家を見て回ったら、大統領任期中にサガモアヒルに居住した元大統領セオドア・ルーズベルトの「夏のホワイトハウス」を訪れましょう。 ワシントン・スパイ・トレイル(Washington Spy Trail)をたどるのもおすすめです。このトレイルを歩くと、アメリカ独立戦争に勝利するためにジョージ・ワシントンが必要とした情報を彼に提供するために、命を危険にさらした市民グループの物語を知ることができます。

 

地元のグルメシーン

自転車をレンタルして、ロングアイランド・ワイン・カントリー(Long Island Wine Country)に 30 以上あるワイナリーを数軒訪問してみましょう。ブドウ園ツアーを申し込むのもよいでしょう。 途中には、有機野菜の直売所、リンゴやカボチャの収穫体験ができる農家、ファーム・トゥ・テーブル(農地直送)のレストランがあります。これらの施設では、この地域の肥沃な土壌と温暖な育成条件を生かしています。 海洋文化が豊かな海辺の村を散策したり、広大な農地やブドウ園を曲がりくねって進む田舎道をぶらぶら歩いたりすることもできます。 ワイン、クラフトビール、農産物や海産物の収穫を祝うフェスティバルやフェアに合わせて訪問時期を決めるのもおすすめです。

 

金ぴか時代の大邸宅

ロングアイランドを訪れたら、ゴールド・コースト・マンションズ・ツアー(Gold Coast Mansions Tour)に参加しないわけにはいきません。ここに建つ大邸宅から着想を得た『華麗なるギャツビー(The Great Gatsby)』の金ぴか時代への旅に出かけましょう。 オールド・ウェストバリー・ガーデンズ(Old Westbury Gardens)とオヘカキャッスル(Oheka Castle)は一般公開されていますが、その他の邸宅は道路から見学することになります。 ストーニー・ブルック・ビレッジ(Stony Brook Village)では過去に思いをはせ、アメリカ独立戦争とワシントン・スパイ・トレイルでこの地域が果たした役割を学ぶことができます。 オールド・ベスページ・ビレッジ・レストレーション(Old Bethpage Village Restoration)を訪れてはいかがでしょうか。19 世紀中頃の村を再現したこの施設では、狂騒の 20 年代以前の生活を知ることができます。

おもしろ情報

イーストハンプトンのメインストリートに置かれたカラフルな自転車
詳細を表示

「ハンプトンズ」に出かけることを自慢する人々も、この地域が実際には 6 つの村で構成されると認識していないことがあります。

夕暮れのビーチの上にかかる嵐の雲
詳細を表示

映画ファンに人気の場所:ジム・キャリーとケイト・ウィンスレット主演の 2004 年の映画『エターナルサンシャイン(Eternal Sunshine of the Spotless Mind)』は、大部分がロングアイランドのモントークが舞台です。

ニューヨーク州ロングアイランドの沖でパドルボードを楽しむ人
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

これからのイベント

ロングアイランドのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる