Skip to main content

アメリカ独立戦争から 2 世紀以上を経た現在も、この記念すべき地には愛国者の遺産が数多く残されています。しかし同時に、この街では数多くのアートイベントや屋内外のコンサートが開催され、バラエティ豊かなショップや世界各国の料理を提供するレストランも楽しむことができます。 農業を営むかたわらユニークな料理体験を提供する農園もあり、季節によって屋外ファーマーズマーケットが開催されます。

1 年を通じて多彩なお祭りやイベントも開催されます。冬の旧正月にはじまり、4 月はレキシントン、コンコードの戦いとポール・リビアの騎行(Battle of Lexington and Concord and Paul Revere's Ride)の再現、5 月中は革命を祝うお祭りムード一色となり、7 月 4 日の典型的な独立記念カーニバル、9 月にはオータム・アーツ&クラフツ・フェスティバル(Autumn Arts & Crafts Festival)、12 月にはホリデー・ライティングにショッピング・フェスティバルと、年中何かしら開催されています。

アウトドア派には、バトル・ロード・トレイルでのサイクリングやウォーキングのほか、ミニットマン・コミューター・バイクウェイ(Minute Man Commuter Bikeway)の横断や、アクロスレキシントン(Across Lexington)のルート巡りがおすすめ。 シンクロナイズド・スケーティング・チームのヘディネッツは、 国内大会はもちろん国際大会においても常勝のチームです。

アート派には、アートセンター、ギャラリー、70 を超える地元アーティスト、毎年春に開催されるオープンスタジオズ(Open Studios)があります。 年間を通じて展示の入替えがあり、隔年開催の陶芸展ではマサチューセッツ州(Massachusetts)で最も優れた作品の数々が並びます。

歴史ある鼓笛隊やレキシントン交響楽団をはじめ、世界的ジャズバンドからアカペラグループまで、年間を通じて多数のコンサートが開催されています。 7 月から 8 月にかけては、バイセンテニアル・バンドや地元のミュージシャンによる屋外無料コンサートが毎週数夜開催されています。 レキシントンには多様なバックグラウンドを持つ約 33,000 人の住民が暮らしており、米国屈指の公立校制度で有名です。 州の産業としては、近年成長目覚ましい生命科学、医薬、バイオテクノロジー・クラスターのほか、ハンスコム空軍基地(Hanscom Air Force)関連の研究開発施設もあります。 ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、ケンブリッチ(Cambridge)、ボストン(Boston)はいずれも車で 30 分以内の場所にあります。

1 日か 2 日、レキシントンをじっくり探訪してみませんか。 史跡やミニットマン国立歴史公園の周辺には多数の宿泊施設があるため、交通手段が徒歩でも車でも、レキシントンでなら現代的なホテルや歴史ある旅館から B & B まで、旅行者の希望に合う宿泊先がきっと見つかります。 「アメリカの自由誕生の地」レキシントンは、皆さんのお越しをお待ちしています。

おもしろ情報

レキシントンにある独立戦争記念碑(Revolutionary Monument)は、1799 年 7 月 4 日に完成したアメリカ最古の戦争記念碑です。
詳細を表示

レキシントンにある独立戦争記念碑(Revolutionary Monument)は、1799 年 7 月 4 日に完成したアメリカ最古の戦争記念碑です。

ノースカロライナ州アッシュビルの上空に浮かぶ熱気球
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

レキシントンのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる