Skip to main content

ララミーとその周辺で楽しむアウトドア

ララミーは、草深い斜面がギザギザした険峰へと続く、吹きさらしのララミー・リバー・バレー(Laramie River Valley)の平原にあります。灰色の花崗岩の峰、透明度の高い山あいの湖、美しいワイルドフラワーなど、メディシンボウ山脈が誇る自然の驚異は、年間を通じて観光客をひきつけて止みません。東にはビデブーの巨大な花崗岩があり、この保養地の変化に富んだ美しい岩場でのハイキング、スキーを目当てに世界中から登山客や冒険家が大勢訪れます。スノーウィー・レンジ・シーニック・バイウェイ(Snowy Range Scenic Byway)はメディシンボウ山脈(Medicine Bow Mountain Range)を越えるように延びており、素晴らしい景色、地元の歴史、多数のランドマークを楽しむことができます。冬にはスキー、春にはトレイルでのハイキングを体験できるハッピージャック保養地もあります。釣りをする方はララミー川(Laramie River)、プレインズ湖(Plains Lakes)、ビーバーポンド(Beaver Ponds)へどうぞ。

 

西部の開拓者精神

ララミーには、西部開拓時代の逸話がちりばめられた歴史があります。アイビンソンマンション(Ivinson Mansion)、広大なワイオミング準州刑務所(Territorial Prison)、オーバーランドトレイル(Overland Trail)、バケット・オブ・ブラッド・シュートアウト(Bucket of Blood Shootout)は、どれも「レジェンド・オブ・ララミー(Legends of Laramie)」と呼ばれるガイドなしのツアーに含まれます。1868 年設立のワイオミング大学(University of Wyoming)は、ララミーの文化的なイベントシーンの拠点です。地質学博物館や、素晴らしいコレクションを所蔵する美術館など、文化施設の数は 5 本の指に余るほど。

 

歴史あるダウンタウンとアート

歴史ある建物に一風変わった近代的なアレンジを施すことでダウンタウン地区を様変わりさせた、ララミー壁画プロジェクトの驚くべきコラボレーションについて学んでみませんか。わずか数年の間にこのプロジェクトから生まれたいくつかの壁画が、小さな学生街の活気あふれるアートコミュニティをより一層際立たせています。歴史の面影が残るダウンタウンは、レストラン、地ビール醸造所、カフェ、ブティックと並んで、アンティークショップやギフトショップで賑わっています。どこで何をするにしても、きれいな空気と西部の広大な山々というおまけ付きです。

おもしろ情報

ジャック・ラ・ラミーの姿を描いた古い絵
詳細を表示

街の名前の由来となったフランス系カナダ人の毛皮商品ジャック・ラ・ラミーについては、1820 年に川に沿って罠を仕掛けに出かけたきり行方知れずになってしまったという不気味な逸話が残っています。

ララミー初の発電所の古い写真
詳細を表示

19 世紀後半にララミーに建設された電気プラントが夜空を明るく照らしていたことから、ララミーには「平原の宝石都市」という愛称が付けられました。

ララミーで放送されていたテレビ番組のスター、ロバート・フラー。
詳細を表示
Robert Fuller

ララミーでは、独自のテレビ番組と映画が放送されていました(どちらも同じ名前)。

ビデブーの岩石層の上空に広がるドラマチックな雲
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

これからのイベント

ララミーのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる