Skip to main content

すべてがケイジャン調

愛すべきケイジャンとザディゴの音楽は、ルイジアナ州南部の文化への興味をかき立てます。 ジーン・ラフィート・アカディアン文化センター(Jean Lafitte Acadian Cultural Center)に足を運び、さまざまな活動、映画、展示、イベントからアカディアン(ケイジャン)の歴史と文化に触れてください。 民俗博物館アカディアンビレッジ(Acadian Village)を訪ねてはいかがでしょう。この地域特有のアンティークで飾られたアカディアン伝統の家屋が復元されていて、ガイド付きツアーや職人芸の実演などが用意されています。 バーミルオンビル(Vermilionville)では、バイユーバーミルオン(Bayou Vermilion)の岸辺と歴史のある村に沿った民俗公園を散策しましょう。当時の衣装に身を包んだ職人からダンス教室、料理教室まで楽しむことができます。 聖ヨハネ大聖堂(St. John Cathedral)にも お立ち寄りください。1916 年に建立されたオランダロマネスク様式の文化財で、ラファイエットの精神的文化遺産を垣間見ることができます。 

 

音楽と食のマリアージュ

ラファイエットでは対照的な 2 つの世界を最高の水準で楽しむことができます。たとえば、ケイジャンがツーステップで踊るまばゆいばかりのスピンとプリマバレリーナの優雅なピルエット、ファンキーなケイジャン・ダンス・ホールのビートとオーケストラ伴奏のバイオリン協奏曲、スパイシーなザリガニのボイルと上品なクレオール料理など、枚挙にいとまがありません。この町で料理通ツアーを始めるなら、エイブリーアイランド(Avery Island)のタバスコツアーは必見です。有名なソース博物館、温室、倉庫、工場などの建造物を巡ることができます。

ケイジャンとクレオールの中心地であるラファイエットが、ランドマクナリー社のベスト・オブ・ザ・ロード・ラリー(Best of the Road Rally)によるベスト・フード・シティ(Best Food City)、サザンリビング(Southern Living)誌の南部で一番おいしい町(Tastiest Town of the South)、Livability.com によるグルメ都市トップ 10(Top 10 Foodie City)に選定されたことは当然といえます。 ポン・ブロー(Pont Breaux’s)、プレジャン(Prejean’s)、ランドル(Randol’s )のシーフードレストランをぜひお試しください。どこでもライブ音楽のお楽しみもあります。職人技、公園ツアー、音楽などもお楽しみいただけます。食事の後は、フェスティバルを楽しむもよし、ケイジャンのジャムセッションに酔うのもよし、ケイジャンとザディゴのダンスホールに繰り出すのもよしです。最高のルーツミュージックに浸ることができる裏町の居酒屋、ブルームーンサルーン(Blue Moon Saloon)も忘れてはならないスポットです。

 

自然の文化

世界クラスの美術館、プロのシンフォニーオーケストラ、多数の画廊に恵まれたこの街には、サイプレス湖(Cypress Lake)やマーティン湖(Lake Martin)などのユニークなアウトドア環境もあります。 両方の湖で、沼沢地、糸杉の林、ワニ、さまざまな鳥などの豊かな自然をご覧ください。 ホースファームでラファイエットの農民と職人によるマーケットを訪ねてみてはいかがでしょうか。広大な緑の大地で、地元料理の店、職人技、公園ツアー、音楽などをお楽しみいただけます。 春と秋は、ダウンタウンアライブ!(Downtown Alive!)が開催される特別な時期です。毎週金曜日の夕方にコンサートがシリーズで開催されます。 観光客も地元の人も大好きなダウンタウンアライブ!は、30 年間にわたって続いているイベントです。

おもしろ情報

ラファイエットのマルディグラでパレードを行くカラフルな屋台
詳細を表示

ラファイエットはルイジアナ州のケイジャン文化の中心地とされています。

ラファイエットの Festivals Acadiens et Creoles を楽しむ家族
詳細を表示

ラファイエットは、ウォールストリートジャーナルの MarketWatch.com によって米国で最もハッピーな街に指名されました。

バーミルオンビルのカントリーハウス前の池に浮かぶスイレンの葉
詳細を表示

この街の最初の名前はバーミルオンビルでした。

ラファイエットのマーティン湖の日没
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

これからのイベント

ラファイエットのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる