Skip to main content

ワインと食事

かつて「世界のアーモンドの都」と呼ばれていたパソロブレスは、農場で採れたての味覚に関して長い伝統があります。毎週 4 つのファーマーズマーケットがオープンし、地元で採れたとびきり新鮮な食材が並びます。中でも、地元産のブドウから焼きたてのパンまで何でも揃うテンプルトン・ファーマーズ・マーケット(Templeton Farmers Market)は、熱心なお店が集まっていることで有名です。ワイン用のブドウがこの地に初めて持ち込まれたのは、18 世紀のことでした。ナイナー・ワイン・エステーツ(Niner Wine Estates)では、ワイナリー見学とテイスティングを予約できます。ここでは、ハートヒルブドウ園(Heart Hill Vineyard)の名の由来となったハート型の木立が目に飛び込んでくることでしょう。また、エバリーワイナリー(Eberle Winery)に向かえば、ワインセラーで VIP テイスティングを体験できます。シードルや自家蒸留のスピリット、地元料理に加えて、職人の作るワインをもっと試したい場合は、ティンシティ(Tin City)にある飲食店をチェックしてみてください。

 

地元の歴史を体験

カリフォルニア州には、スペインの伝道所が 21 ヵ所あります。その中でも屈指の本格的な復元とされているサン・ミゲル・デ・アルカンゲル伝道所(Mission San Miguel de Arcangel)は、1797 年に設立されました。歴史情緒あふれる日干しレンガの壁や、先住民のアートが保存されている必見スポットです。また、エストレーヤウォーバーズ博物館(Estrella Warbirds Museum)では、軍用飛行機、車両、軍需品など、見応えのあるコレクションを見学できるほか、パイオニア博物館(Pioneer Museum)では、古い刑務所の扉、1 部屋だけの校舎、有刺鉄線のコレクションなどの一風変わった展示とともに、興味深い地域の歴史に触れることができます。

 

文化との出会い

アート、テクノロジー、自然の融合を目的としたエンターテイメントスポット「フィールド・オブ・ライト(Field of Light)」のインスタレーションは、センソリオ(Sensorio)にある 6 ヘクタールの丘陵地を覆うカラフルな光のショーです。このインスタレーションは 2021 年 1 月 3 日で終了する予定なので、チケットのご予約はお早めに。アート好きの方は、スタジオ・オン・ザ・パーク・ギャラリー(Studios on the Park Gallery)へお出かけください。15 人の現役アーティストがオープンスタジオで制作しているので、個性的でクリエイティブな才能を間近に目にすることができます。アーティストと交流した後は中心街の別のエリアも歩いて、地元ならではのお店でショッピングをお楽しみください。また、文化と料理が一体となった驚くべきレストランも数多く、例えば、カリフォルニア風メキシカンのシーフードやテキーラを味わえる「フィッシュガウチョ(Fish Gaucho)」から、カリフォルニア州のカウボーイの伝統が息づくステーキハウス兼居酒屋「F・マクリントクス(F. McLintocks)」まで、さまざまなお店が目白押しです。

おもしろ情報

カリフォルニア州パソロブレスのダウンタウンにあるカーネギー図書館
詳細を表示

1908 年に建てられたパソロブレスの由緒あるカーネギー図書館(Carnegie Library)には、現在、地元の歴史博物館があります。

カリフォルニア州のワインカントリー、パソロブレスの上空からの眺め
詳細を表示

パソロブレスはかつて世界のアーモンドの都として知られていましたが、現在ではブドウ畑やワイナリーで有名です。

パソロブレスのブドウ園に立つオークの木
詳細を表示

マリリン・モンローとジョー・ディマジオは、新婚旅行の最初の夜をパソロブレスで過ごしました。

カリフォルニア州パソロブレスのワインカントリーの風景
詳細を表示
周辺情報

パソロブレス・オフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる