Skip to main content

ナイトライフとカルチャー

活気が戻ってきたダウンタウンでライブハウス、一流レストラン、劇場を見つけるのは難しいことではありません。デマーズアベニュー(DeMers Avenue)の賑やかなボードウォークに並ぶレストランやお店に足を運んでみましょう。グレーター・グランド・フォークス交響楽団(Greater Grand Forks Symphony Orchestra)の演奏や、エンパイア・シアター・カンパニー(Empire Theatre Company)やファイヤー・ホール・シアター(Fire Hall Theatre)で上演される演劇やミュージカルを楽しむこともできます。ノースダコタ美術館(North Dakota Museum of Art)、エンパイア・アーツ・センター(Empire Arts Center)、サード・ストリート・ギャラリー(Third Street Gallery)では、グランドフォークスの活気あるアートシーンの世界を覗いてみましょう。

 

偉大なるアウトドア

グレーター・グランド・フォークス・グリーンウェイ(Greater Grand Forks Greenway)は街を流れる 2 本の川沿いに広がる 890 ヘクタールの緑道です。夏にはサイクリング、ハイキング、インラインスケート、キャンプなどのアクティビティを楽しむことができます。水辺で過ごすなら、カヌーやカヤック、パドルボードをレンタルしたり、アメリカナマズ、ノーザンパイク、ウォールアイ、コクチバス、ミズウミチョウザメやコイを釣りに出かけましょう。レッドリバー渓谷(Red River Valley)は、300 種を超える鳥が生息する絶好の野鳥観察スポットです。冬にはクロスカントリースキー、スノーシュー、そりすべりができます。元気いっぱいの子供たちとは、シャーロック・フォレスト・プレイグラウンド(Sherlock Forest Playground)にお出かけしましょう。ここのデザインには子供たちも関わっています。

 

外せないアトラクション

1997 年の災害について知るには、レッド川のほとりにある洪水記念碑(Flood Memorial Monument)を訪れましょう。グランド・フォークス・カウンティ・ヒストリカル・ソサエティ(Grand Forks County Historical Society)のマイラ博物館(Myra Museum)や、開拓時代の女性たちに捧げられたキャンベルハウス(Campbell House)では、洪水よりはるか昔の歴史について知ることができます。あなたが軍事マニアなら、復元された航空機の展示を見学しにグランドフォークス空軍基地(Grand Forks Air Force Base)に足を運んでみましょう。寒い冬の夜は、世界で一番美しいリンクとの呼び声が高いラルフ・エンゲルスタッド・アリーナ(Ralph Engelstad Arena)で行われるカレッジホッケーの試合観戦はいかがでしょう。暖かい日には、セルトマパーク(Sertoma Park)の日本庭園をのんびり散歩しましょう。

おもしろ情報

グランドフォークスの父として知られるアレクサンダー・グリッグスは、1870 年に彼が乗った蒸気船が凍結したレッド川で立ち往生し、冬の間川岸でキャンプをする羽目になった後に新しい町を作ることにしました。
詳細を表示

グランドフォークスの父として知られるアレクサンダー・グリッグスは、1870 年に彼が乗った蒸気船が凍結したレッド川で立ち往生し、冬の間川岸でキャンプをする羽目になった後に新しい町を作ることにしました。

Hot Air Balloon over Asheville, North Carolina
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

グランドフォークスのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる