Skip to main content

アメリカ南部で「すべてがある町(City that Has It All)」として知られるコロンバス。歴史ある B & B をはじめ、魅力的な宿泊施設がたくさんあるため、ここで過ごす休暇は昼も夜も楽しいことが盛りだくさんです。 この町にはいつでも変わらぬ思いやりとおもてなしがあります。事実、多くの歴史学者が、戦没将兵追悼記念日(Memorial Day)はこの地で生まれたという考察を支持しています。南北戦争が終結した数日後、コロンバスの女性たちが慈愛の心で、南北両軍の戦死者の墓に飾り付けをした日です。 今日、美しく喚情的なフレンドシップセメタリー(Friendship Cemetery)を訪れたら、過去の「亡霊」が出迎えてくれるかもしれません。町のお祭り、スプリング・ピルグリメッジ(Spring Pilgrimage)の期間中なら、なおさらです。

76 年目を迎えるスプリング・ピルグリメッジには、16 日間にわたる歴史と文化と食の祭典を目指して、国内外から多くの旅行客が訪れます。歴史的人物の暮らした家がアメリカ南部で最も多く残る、ミシシッピ州ならではのお祭りです。 ピルグリメッジの開会を飾るのは、キャットフィッシュ・イン・ジ・アレイ(Catfish in the Alley)。コロンバスの古くからある繁華街の一角「ナマズ横丁」(Catfish Alley)で豊かに育った、アフリカ系アメリカ人文化を称えるイベントです。バラエティー豊かなナマズ料理と、素晴らしいブルースの演奏を堪能できます。

もちろん、素晴らしい料理や魅力的な歴史・文化を、この祭典までガマンする必要はありません。 偉人たちの家は年間を通して入館できますし、コロンバスの料理店を訪ねれば、あらゆる味で万人の舌を満足させるおいしい体験が待っています。 自分で釣った魚を食べたいという方は、広大なテネシー・トンビグビー水路(Tennessee-Tombigbee Waterway)まで足を伸ばしてみてください。アメリカ南東部で人気の高い釣りトーナメントがいくつも開催されています。 湖や公園が集まるテネシー・トンビグビー水路は、アメリカ有数のレジャー天国です。 サッカーを観戦してワクワクしたいという人には、バーンズ・ボトム・サッカー・コンプレックス(Burns Bottom Soccer Complex)がおススメです。ここでは、ハイレベルなユースリーグの大会が開催されます。

曲がりくねった小川と森に囲まれるバーンズボトムは、まるで別世界。 サッカー場の隣には、水路に沿って遊歩道が続いています。景観とレジャーを一度に楽しんでください。美しく修復されたトンビグビー橋(Tombigbee Bridge)を渡れば、散策が一生の思い出になるでしょう。 昔の名残をとどめる市街地には、流行のショップや、アンティーク店、ブティックなど様々な店が立ち並んでいます。

歴史に磨かれた美と壮麗な建築物が融合するコロンバスは、世界中の旅行者が真っ先に訪れたいと思う町です。 そして、語り草になるほどのおもてなし。「すべてがある町」を、ぜひ体験してください。 コロンバスの旅はドラマチックで魅惑的なので、出ていくのはとても難しいでしょう。 滞在を伸ばして、もう一度最初から見たくなるかもしれません。

おもしろ情報

コロンバスは公式な名称が与えられるまで、非公式に「ポッサム・タウン」(Possum Town)、フクロネズミの街と呼ばれていました。地元の人たちの中には今でもまだこの愛称を使っている人がいます。
詳細を表示

コロンバスは公式な名称が与えられるまで、非公式に「ポッサム・タウン」(Possum Town)、フクロネズミの街と呼ばれていました。地元の人たちの中には今でもまだこの愛称を使っている人がいます。

Hot Air Balloon over Asheville, North Carolina
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

コロンバスのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる