Skip to main content

カラマズーの文化

ショップ、レストラン、劇場が集まり、活気溢れるカラマズーのダウンタウンの原点に迫ってみませんか。5 つある歴史地区では、建築学的な意義がある建物を見学したり、この地域の歴史について学んだりすることができます。州で最も有名な奴隷亡命組織の拠点の 1 つであるドクター・ネーザン・トーマス・ハウス(Dr. Nathan Thomas House)にも足を運んでみましょう。朝食のシリアルで財を成した W.K ケロッグのかつての大邸宅 W.K ケロッグ・マナー・ハウス(W.K Kellogs Manor House)にも見どころの 1 つで、ここには現在鳥類保護区と会議センターがあります。歴史ファンなら、ギルモア・カー・ミュージアム(Gilmore Car Museum)も見逃せません。歴史ある建物に 400 台近くの自動車が保存され、アメリカにある自動車博物館の中でも 5 本の指に入ると評価されています。

 

偉大なる職人技

カラマズーをよく知るためには、グルメシーンを素通りすることはできません。450 軒のレストランが集まるカラマズーの味は近年多くの注目を集めるようになりました。産地直送の地元食材を使ったレストランも日々増えています。特にミシガン州の地ビール熱は高まる一方ですが、ここカラマズーからすべてが始まったのです。ベルズブルワリー(Bell’s Brewery)はアメリカ最古にして最大の醸造所。世界各地に熱狂的ファンがいます。Ratebeer.com によると、ベルズブルワリーのトゥー・ハーテッド・エールは、世界一の IPA の称号を与えられています。ギブ・ア・クラフト・ビア・トレイル(Give A Craft Beer Trail)に出かけて、醸造所を 1 つ残らず巡り、ほろ酔いでトレッキングを締めくくりましょう。

 

伝播する創造力と好奇心

10 軒の劇場、ワールドクラスの美術館、たくさんのアート&デザインスクール、前衛的なギャラリー、毎月開催される活気に満ちたアートホップ(Art Hop)。カラマズーは、まさにアートのメッカです。カラマズー美術館(Kalamazoo Institute of Arts)は 1 日かけてゆっくり見学しましょう。現代作品の常設展示とともに、様々な展示、映画、イベントが入れ替わり立ち代り開催されています。体験型の展示やあっと驚く乗り物がたくさんある航空博物館エアズー(Air Zoo)もおすすめです。その次は、カラマズー・ネイチャー・センター(Kalamazoo Nature Center)に立ち寄り、数多くのトレイルを歩き自然界の魅力に触れましょう。センターのデラノ・ホームステッド・ファームヤード(DeLano Homestead Farmyard)も必見です。

おもしろ情報

ギターの長い歴史があるカラマズー
詳細を表示

オービル・ギブソンは 19 世紀後半にカラマズーでギブソンギターコーポレーション(Gibson Guitar Corporation)を創業しました。

写真提供: ヘリテージギター/Discover Kalamazoo

カラマズーで製造されたチェッカーキャブの展示
詳細を表示

一時期ニューヨークやシカゴの道路を埋め尽くしていたチェッカーキャブはカラマズーで製造されていました。

写真提供: カラマズーバレー博物館/Discover Kalamazoo

スイート・ウォーターズ・ドーナッツミル(Sweetwaters Donut Mill)にはたくさんの種類のドーナッツが並んでいます
詳細を表示

スイート・ウォーターズ・ドーナッツミルは、AOL、Thrillist、MSN などで世界でトップのドーナッツショップに選ばれたことがあります。

写真提供: Discover Kalamazoo

ノースカロライナ州アッシュビルの航空写真
詳細を表示
周辺情報
旅のアイデアをさらに表示

これからのイベント

カラマズーのオフィシャル・トラベル・サイト