Skip to main content

ルート 66 の歴史

イリノイ州のルート 66 シーニックバイウェイ(Route 66 Scenic Byway)は、スプリングフィールドの市街地に一直線にのびており、このバイウェイ沿いには、たくさんのユニークな観光名所や有名なダイナーがあります。スプリングフィールドで見逃せないのは、コージー・ドッグ・ドライブイン(Cozy Dog Drive In)です。ここではウォルドマイヤー一家の祖父が 1949 年にスプリングフィールドでレストランを開業して以来、コージードッグを現在も提供しています。ドライブの旅を楽しむなら、ルート 66 ドライブインシアター(Route 66 Drive In Theater)がおすすめです。4 月から 9 月まで 2 面のスクリーンで映画を上映しており、1950 年代の典型的なアメリカを感じることができます。スプリングフィールドを出発したら、オーバーン近くにある昔のルート 66 を偲ばせる煉瓦敷きの道を写真に収めましょう。この道は 1931 年に建設され、米国国家歴史登録財として登録されています。

 

リンカーンの偉業

スプリングフィールドへの旅は、30 年の間この町に住んだエイブラハム・リンカーンの足跡をたどらずに終わらせるわけにはいきません。エイブラハム・リンカーン大統領博物館(Abraham Lincoln Presidential Museum)は、アメリカの他の大統領博物館と異なり、特殊効果シアターとインタラクティブな展示を利用して大統領の一生を物語ります。リンカーン邸国立史跡(Lincoln Home National Historic Site)、リンカーンが若い頃に過ごした村を再現したリンカーンズ・ニュー・セーラム(Lincoln’s New Salem)、誠実なリンカーンが「分かれたる家」の演説を行った旧州会議事堂(Old State Capitol)、リンカーンハーンドン法律事務所(Lincoln-Herndon Law Office)、リンカーン大統領一家の多くが眠るオークリッジ墓地(Oak Ridge Cemetery)にあるリンカーンの墓とモニュメント(Lincoln Tomb and Monument)を巡りましょう。夏の間、毎日行われるプログラム「歴史がよみがえる(History Comes Alive)」では、衣装に身を包んだパフォーマー、ミュージシャン、再現劇の俳優が街中の名所や博物館でリンカーンの一生と時代について教えてくれます。在りし日のリンカーン本人にひょっこり出会うかもしれません。

 

由緒ある建築

イリノイ州政府第 6 代目のイリノイ州会議事堂(Illinois State Capitol)を覆う 123 メートルの圧巻のガラスドームにはルネサンスリバイバル様式と第二帝政期様式の両方をみることができます。議事堂内ではその建築や芸術作品を見たり、会期中であれば、バルコニーに座って議会の様子を見ることもできます。その後は、フランク・ロイド・ライトが手がけたダナトーマス邸(Dana-Thomas House)へ足を運びましょう。建築界の巨匠による、かの有名な設計手法をご覧ください。35 室、広さ 1,114 平方メートルのリビングルームを擁す邸宅。プレーリー様式のこの建物を特徴づけるアートガラス、内装、家具はとても印象的です。

おもしろ情報

オーベド・アンド・アイザックズ地ビール醸造所のスプリングフィールド名物、ホースシューサンドイッチ
詳細を表示
SCVB

スプリングフィールド名物、ホースシューサンドイッチは 1928 年に誕生しました。テキサストーストの上にお肉か野菜、フライドポテト、絶品のチーズソースがかかった逸品です。

ルート 66 にあるコージー・ドッグ・ドライブインでお食事
詳細を表示
SCVB

スプリングフィールドでルート 66 をドライブすると見つけることのできるコージー・ドッグ・ドライブイン(Cozy Dog Drive In)。アメリカンドッグこと、櫛にささったホットドッグ発祥のダイナーです。

堂々たるイリノイ州会議事堂
詳細を表示
SCVB

スプリングフィールドに位置するイリノイ州会議事堂(Illinois State Capitol Building)はワシントン D.C. の国会議事堂より 22 メートル高い建物です。

花々に囲まれたイリノイ州スプリングフィールドにある旧州会議事堂
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

スプリングフィールドのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる