Skip to main content

トルーマン巡り

独特な歴史を持つこの地では、まず最初にトルーマンコートハウス(Truman Courthouse)を誇る、ヒストリック・インディペンデンス・スクエア(Historic Independence Square)を訪れてみましょう。館内では、歴史センター(History Center)や、大統領の旧執務室そして法廷を見ることができます。外に出ると、開拓者達、そして彼らが西部へと辿ったトレイルを祝した記念碑が待っています。馬車に乗ってスクエアを巡ったら、トルーマンにちなんだ 2 つの名所、トルーマン大統領博物館・図書館(Truman Presidential Museum and Library)とトルーマン邸国立史跡(Truman Home National Historic Site)にぜひ足を運びましょう。この博物館では、トルーマンの人生や大統領在任中の様子を公開した展示室を見て回ることができます。その後は、近隣にある、人民の大統領と呼ばれたトルーマンの生家へ向かいます。ビジターズセンターで受け付けを済ませたら、さあ、ガイド付きツアーでトルーマンとその妻、ベスがともに暮らした家を冒険しましょう。この史跡には、他にも見物できる建物がいくつかあります。

 

歴史が築かれた地

かつて、西部辺境の村であったインディペンデンス市からは数千もの開拓者達が西部へ向けて旅立っていきました。その際、この村を通るサンタフェ、オレゴンそしてカリフォルニアの主要な 3 トレイルが使われました。国立フロンティアトレイル博物館(National Frontier Trails Museum)では当時の歴史を現代に伝えるべく、映像や展示品、地面に残された荷馬車の跡までもが開拓時代の旅の証拠として展示されています。幌馬車ツアーや、博物館の隣に復元された 1879 年の停車場、シカゴ・アンド・アールトン停車場(Chicago and Alton Depot)のツアーに参加するのもいいでしょう。近隣にある 1859 年刑務所と警察署長の家博物館(1859 Jail, Marshal’s Home and Museum)では昔の牢獄を歩いて見て回ることができます。12 部屋の広い独房からは辺境の地、インディペンデンス市の犯罪者達の気持ちを感じられるようです。一方、牢獄の外に暮らす警察官の生活はどうでしょう。刑務所の隣にある警察署長の家はまるで絵のような美しさです。インディペンデンス市にある裕福な邸宅からは、19 世紀にこの地に住む多くの住人が優雅な暮らしを送っていたことが分かります。ベール・ビクトリアン・マンション(Vaile Victorian Mansion)やビンガム・ワゴナーの邸宅(Bingham-Waggoner Estate)を巡るツアーや催し物に足を運ぶと、当時の裕福な暮らしぶりを垣間見ることができます。

 

ユニークな文化

何よりもまず最初に目に飛び込んでくる、コミュニティー・オブ・クライスト神殿および講堂(Community of Christ Temple and Auditorium)の、今にも空を突き刺すかのような螺旋状尖塔は圧巻です。宗派の国際本部にあたるこの神殿の、象徴的なステンドグラスの技巧やパイプ 5,685 本からなる巨大なパイプオルガン、そして日本式の瞑想の庭は必見です。次は教会創始者であるジョセフ・スミスが買い取った区画に立つモルモン・ビジターズ・センター(Mormon Visitors Center)で宗教関連の見学を続けましょう。施設内では、展示品からモルモン教入植者達の歴史を辿ることができます。インディペンデンス市の風変わりな一面を見たいなら、操り人形のコレクションを見ることができる操り人形劇美術館(Puppetry Arts Institute)がお勧めです。劇を鑑賞したり、ワークショップで操り人形作りを体験できます。レイラのヘアーミュージアム(Leila’s Hair Museum)も実に興味をそそります。美術館では、ビクトリア時代の髪の芸術品、額縁入りの髪飾り用花冠 300 点、そして髪から作った宝飾品 2,000 点などを見ることができます。

おもしろ情報

トルーマン博物館の中
詳細を表示

元アメリカ大統領ハリー・トルーマンの言葉である「責任は私が取る」と書かれた机上プレートのオリジナルがトルーマン大統領博物館・図書館に展示されています。

国立フロンティアトレイル博物館
詳細を表示

1830 年代以降、インディペンデンス市はカリフォルニアトレイル、オレゴントレイル、サンタフェトレイルへの主要な出発地としてアメリカ西部移住における要衝となりました。

インディペンデンススクエアにあるクリントンズ・ソーダ・ファウンテン
詳細を表示

クリントンズ・ソーダ・ファウンテン(Clinton’s Soda Fountain)は、かつて元アメリカ大統領ハリー・S・トルーマンが初めて働いた場所で、アイスクリームやシェイク、そして昔ながらのソーダ飲料を提供しています。

インディペンデンス市のオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる
大規模なミュージックシーンを誇る小さな町

旅行先

ブランソン

レッドオーク II ビレッジの昔風のガソリンスタンド

旅行先

カーセッジ

マーク・トウェイン・リバーボートとハンニバルのスカイライン

旅行先

ハンニバル