Skip to main content

生きた歴史

イナラハンの 17 ヵ所の史跡は、ほとんどが村を歩き回れば行ける範囲にあります。サンノゼアベニュー(San Jose Avenue)をぶらぶらしながら、建物のドアや窓に描かれた絵を眺めましょう。1950 年代のグアムの生活の様子がうかがえます。サンノゼアベニュー沿いでは、ジョージ・フローレス・オールド・ストア&ヒストリー・センター(George Flores Old Store and History Center)が入る 1914 年に建てられた由緒ある建物などの建築物を見物するのもおすすめです。ホヌベーカリー(Hotnu Bakery)もお見逃しなく。ここでは、週 3 回、スペイン伝統の石窯でおいしい菓子パンやピザが焼かれています。角を曲がると、聖ヨセフカトリック教会(Saint Joseph Catholic Church)があります。この教会は 1680 年以来、イナラハン村の中心です。教会の祭壇の下には、第二次世界大戦中に日本兵によって処刑された殉教者、イエス・バーサ・デュエナス神父の遺体が埋葬されています。

 

文化財

歴史的に貴重な村であることに加え、イナラハンは民俗芸術村にも指定されています。湾岸にあるゲフパゴ文化村(Gef Pa’go Cultural Village)に行ってみましょう。この生きた博物館では、主にチャモロ人のお年寄りたちが、20 世紀前半に広く慣習となっていた伝統的なチャモロの芸術、工芸、料理を実演しています。1901 年に建てられたレオン・ゲレロ邸(Leon Guerrero House)の見学ツアーもあります。ここには、かつて村の監督官だったレオン・ゲレロと 16 人の子どもが住んでおり、村最古の住居の 1 つです。グアム最古の文化遺産はガダオ洞窟(Gadao’s Cave)で見られます。ここには、強さと大胆不敵さで敬愛され、今もチャモロの言い伝えに名を残す伝説の酋長、ガダオを描いた古代の洞窟壁画が残されています。ガダオ酋長は、カヌーを漕ぐ姿を描写したブロンズ像としても称えられています。

 

自然の驚異

海まで散歩して、アグファヤン湾(Agfayan Bay)の縁に座ってみましょう。そこには、大きな熊が太陽を浴びながら座っているように見えるので現地の人が「ベアーロック(Bear Rock)」と呼ぶ自然が生み出した大きな奇岩があります。次は、村中心部の南側に向かいましょう。天然の海水プール、サラグルラプール(Salaglula Pool)があります。人気の水泳スポットです。あるいは、山のほうに向かい、美しいタロフォフォの滝(Talofofo Falls)を見てから、横井庄一が第二次世界大戦が終わったのを知らずに 30 年間も潜伏していた洞窟を再現した展示を見学してはいかがでしょう。

おもしろ情報

グアムのイナラハン天然プールの風景
詳細を表示

イナラハンには自然にできた海を臨むプールがあります。サンゴにせき止められて波から守られています。

グアムのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる
アプガンの丘のサンタアグエダ砦から見渡す市街と湾

旅行先

ハガニア

上空から見たイナラハンの美しい天然プール

旅行先

イナラハン

タモンベイでのシュノーケリング

旅行先

タモン