Skip to main content

小さな町の風景と歴史

オランダ人が入植した当時のホランドの家屋は、森に育つ木々を利用した丸太小屋でした。この頃の伝統は今なおオランダ式の建造物や料理、フェスティバルなど、町中に息づいています。デズワーン風車(DeZwaan Windmill)や、ベルドヒアー・チューリプ・ファーム(Veldheer Tulip Farm)、そして木靴彫りの実演を観ることができるネリズ・ダッチ・ビレッジ(Nelis’ Dutch Village)はぜひ訪れたいものです。ホランド美術館(Holland Museum)ではオランダの展示品を観ることができます。17 施設もの小規模な醸造所と蒸留所がホランドにはあり、ビール作りの伝統を守り続けていますので、ぜひ堪能してください。書店や音楽店から専門食品店やギャラリーに至るまで、地元経営のレストランや全部で 100 店舗もあるショップを覗いてみると、ホランドで今人気のテイストを伺い知ることができます。

 

湖岸の自然

ミシガン湖(Lake Michigan)には白い砂浜のビーチが集まっているので淡水の遊び場となっています。また、混みすぎることも、オフシーズンもなく、冬には、クロスカントリースキーヤーが凍った湖をスキーで横切る姿が風物詩となっています。まずは、ホランド州立公園(Holland State Park)へ行ってみましょう。この公園の広い海岸にはファイアピット、グリル、キャンプ場、釣りのできる桟橋が完備されています。ボードウォークから北方向には、ミシガン州を象徴する灯台、ビッグレッド(Big Red)の絶景を望めます。夏には、灯台のツアーが不定期に行われます。東寄りにある、マウント・ピスガ・デューン・ボードウォーク(Mount Pisgah Dune Boardwalk)を歩いて 58 メートルの高さがある砂丘の上に登るとミシガン湖を見下ろすことができます。広大な景色を満喫できるこの場所は夕暮れ時のピクニックに最適です。75 年前に建設された砂丘の下を通るトンネル、トンネルパーク(Tunnel Park)もお見逃しなく。このトンネルを通り抜けると目の前に砂浜のビーチが広がります。野生生物に出会いたいなら、デグラアフ・ネイチャー・センター(DeGraaf Nature Center)もしくはアウトドア・ディスカバリー・センター(Outdoor Discovery Center)に立ち寄りましょう。保護区を巡ることができ、研修会や展示会、プレイエリアなどがあります。

 

アクティブな日々

ホランドではカヌー、カヤック、ジェットスキー、スタンドアップパドルなどが大人気なので、ミシガン湖もマカタワ湖(Lake Macatawa)もレクレーションのメッカです。湖だけでなく、それと同じくらい広大な陸地もここにはあります。240 キロメートルに渡ってサイクリング用に整備された道は必見です。ホランド国立公園からソーガタック砂丘州立公園(Saugatuck Dunes State Park)までは、マカタワ湖沿いを走る 1 本の風光明媚なサイクリングトレイルで行くことができます。ソーガタックには、有数のハイキング用砂丘トレイルもあります。詳細には、400 ヘクタールの土地に初級から中級者向けトレイルが複数あります。

おもしろ情報

ホランド器工場での器作り風景
詳細を表示

アメリカでたった 4 施設しかない木製の器工場のうちの 1 つがホランドにはあります。

ビッグレッドのそばをのんびりと過ぎ行く白いボート
詳細を表示

ビッグレッドとしても知られるホランド・ハーバー・ライト(Holland Harbor Light)はミシガン州で最も撮影されている場所です。

Photo: Mike Lozon

ほんのりと雪化粧をまとうダウンタウン
詳細を表示

ホランドでは、市によるアメリカで最大の融雪システムが構築されています。このシステムのおかげで、冬のダウンタウンの道路や歩道には雪がありません。

トンネルパークの夕暮れ
詳細を表示
周辺情報
旅のアイデアをさらに表示

これからのイベント

ホランドのオフィシャル・トラベル・サイト