Skip to main content

アメリカで最初のアートムーブメントである画家たちのハドソンリバー派(Hudson River School)はここで始まり、この警告の緑豊かな景観が見事に描写されました。オラーナ(Olana)やシーダーグローブ(Cedar Grove)のような復元された邸宅では、彼らがどのような生活を送り、どのような創作活動をしていたのか、垣間見ることができます。現在もこの地には芸術の息吹が色濃く残っており、ストーム・キング・アート・センター(Storm King Art Center)とディアビーコン(Dia:Beacon)という世界的に有名な美術館 2 館には、作品が数多く所蔵されています。

ここから始まる全長 3,200 キロメートルのアパラチアントレイル(Appalachian Trail)の一部を含め、この地の景観はレクリエーションの機会を無限に提供しています。この地域では年間を通じて、四季折々の遊びが楽しめます。気候のおだやかな季節には、カヤックやロッククライミング、ハイキング、スイミング、ボート、ゴルフ、パドルボードなど、冬には、ダウンヒルスキーやクロスカントリースキー、スノーチューブ、スケート、スノーボード、スノーシュー、雪に覆われたハドソン渓谷を歩くハイキングなどが楽しめます。川とそれを囲む山々の息をのむような美しい自然に包まれて散策できる、ウォークウエイ・オーバー・ザ・ハドソン(Walkway Over the Hudson)もお勧めです。

マーサ・ワシントン(Martha Washington)は、この地に建てられた邸宅を守りつつ、アメリカ独立戦争(Revolutionary War)の際は、その邸宅で夫ジョージ(George)が率いる隊や、軍関係者をもてなしました。周辺の砦や戦場、そしてアメリカの建国に一役買った人々の家々を訪れてみましょう。小さな邸宅では、植民地風の料理が味わえ、また、今では「工芸」とみなされるようになった技術を見学することができます。

工芸と言えば、ここにはウッドストック(Woodstock)とシュガーローフ(Sugar Loaf)という、工芸で有名な 2 つの村があります。手工芸専門のお店には工房が併設されていることが多く、そこではオーナーがその巧みの技を喜んで披露してくれます。個性の光る衣類やお得に買えるデザイナーグッズまで、多彩な品揃えはかなりの買い物好きですら目がくらむほど。この地にはブティックやアンティークショップも数多くあるため、コレクターはもちろんハドソン渓谷のビンテージグッズを求める客を惹きつけてやみません。

昔の品々のみならず、昔の魂も歴史ある家々には宿っており、訪れる人々と触れ合うことがあるのだとか。渓谷のあちこちにある心霊スポットにはどこも年中訪れることができます。実際に会えなかったとしても、どうにかコミュニケーションをとろうとする亡霊たちに腕を触れられたり、首筋へ冷たい息を吹きかけられたりすることはあるかもしれません。

ハドソン渓谷には、豊かな過去と活気ある現代とが混在しています。ハイランド(Highlands)を抜けて、にぎやかな州都へとハドソン川(Hudson River)を上れば、さまざまな時代のグルメや不思議な現象、そして娯楽を満喫できます。

おもしろ情報

画家ノーマン・ロックウェルはその作品の多くをニューロシェルで描きました
詳細を表示

画家ノーマン・ロックウェルはその作品の多くをニューロシェルで描きました

Hot Air Balloon over Asheville, North Carolina
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

ハドソン渓谷のオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる