Skip to main content

歴史の面影

バトンルージュから車ですぐのところに、凝った作りの南北戦争前の邸宅があります。広大な敷地に建つこの建物は、この地域の歴史の証人のような存在です。マグノリア・マウンド(Magnolia Mound)の保存された建物では、現在は博物館として使われている元住居、平炉の台所、奴隷部屋を見学できます。ルイジアナ州立大学農村生活博物館(Louisiana State University Rural Life Museum)では 18 世紀および 19 世紀の人々の生活を垣間見てみましょう。ルイジアナ州特有の建築物の最大のコレクション、年代物の工芸品、数軒の建築物は必見です。リバー・ロード・アフリカン・アメリカン博物館(River Road African American Museum)では、博物館が所蔵する膨大なコレクションが並ぶ展示を通じて、300 年におよぶアフリカ系アメリカ人の伝統と歴史に触れることができます。

 

州都の文化

旧州会議事堂(Old State Capitol)や旧知事邸(Old Governor’s Mansion)では、ルイジアナ州の波乱に富んだ政治の歴史に浸ることができます。34 階建てのルイジアナ州会議事堂にある展望デッキから街並みを一望し、壮大なメモリアルホールを見学しましょう。敷地内を散歩していると、ルイジアナ州産の植物を見かけることがあります。キャピトル・パーク・ミュージアム(Capitol Park Museum)で文化に触れたら、次はルイジアナ・アート&サイエンス・ミュージアム(Louisiana Art & Science Museum)へ。このミュージアムでは、古代エジプトから太陽系まで、あらゆるテーマの展示を見学できます。博物館とアメリカ軍の記念館としての役割を兼ね備える駆逐艦キッド退役軍人記念館(USS Kidd Veterans Museum)では、第二次世界大戦中のフレッチャー級駆逐艦の甲板に出てみましょう。

 

魅力的な観光名所

人々はさまざまな理由でバトンルージュを訪れますが、400 軒もあるレストランのどこかで美味しいルイジアナ料理を食べるのが目的ではない人はいません。カフェやレストランにとどまらず、伝統的なクレオール料理から人気のタパスまであらゆる料理を売っているフードトラックも要チェックです。食材を自分で揃えたいなら、レッド・スティック・ファーマーズ・マーケット(Red Stick Farmers Market)へどうぞ。ブルーボネットスワンプ自然センター(Bluebonnet Swamp Nature Center)では、自然と文化を一度に楽しむことができます。この広大な保護区には、イトスギが茂る沼や広葉樹の森を通る曲がりくねった遊歩道があるだけでなく、動物、生態学、アートに関する展示も公開されています。バトンルージュを訪れたら、街の音楽シーンを素通りするわけにはいきません。ゴスペルやブルースのソウルフルなサウンドから、カントリー、ケイジャンやザイディコまで、バトンルージュでは誰もが好みの音楽を見つけられます。

おもしろ情報

バトンルージュにある州会議事堂はアメリカで一番背が高く、その高さは 137 メートルあります。
詳細を表示

バトンルージュにある州会議事堂はアメリカで一番背が高く、その高さは 137 メートルあります。

ルイジアナ州立大学アメリカンフットボールのマーチングバンド
詳細を表示

1988 年のある土曜日の夜、ルイジアナ州立大学のタイガースタジアム(Tiger Stadium)で、ルイジアナ州立大学対オーバーンの試合が行われていました。そのときのファンの歓声があまりにも凄まじかったため、キャンパスに設置された地震計がその大声を地震として認識してしまったという出来事がありました。この試合は、「地震のような試合」として広く知られています。

赤い棒の像
詳細を表示

バトンルージュとは、フランス語で「赤い棒」という意味です。

バトンルージュにあるトウモロコシ畑を利用した迷路の近くでヒマワリを眺める子供たち
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

バトンルージュのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる