Skip to main content

バーボンのすべて

バーズタウンと周辺の地域では年間を通してバーボンを楽しめますが、春と秋は一年で最もイベントが多い時期です。きわめつきは、9 月に 6 日間にわたって開催されるケンタッキー・バーボン・フェスティバル(Kentucky Bourbon Festival)。この祭典は、バーボン、食べ物、エンターテインメント、そしてかの有名なケンタッキー流のもてなしがぎっしり詰まっています。オスカー・ゲッツ・ウィスキー歴史博物館(Oscar Getz Museum of Whiskey History)は、バーボンの隠れた名所です。この博物館は、2014 年に「ウィスキーマガジン(Whisky Magazine)」誌でビジターズ・アトラクション・オブ・ザ・イヤーに選出されており、現在までの膨大なバーボンの歴史にまつわる品々を展示しています。

1879 年に設立され、ケンタッキーが州になった年号を名前に取り入れたバートン 1792 蒸留所&ビジターセンター(Barton 1792 Distillery & Visitor Center)は、バーズタウンで最古の現役の蒸留所です。無料のバックステージツアーでは、発酵と蒸留の過程と、昔の倉庫の内部を見学できます。ツアーの後は、無料の試飲で伝統に乾杯。

禁酒法廃止の 3 年後の 1936 年に設立された家族経営のウィレット蒸留所(Willett Distillery)では、この歴史的な施設の現代的なビジターセンターに入ってみましょう。敷地と蒸留所のウォーキングツアーの後はウィスキーを試飲し、記念にシグネチャーグラスを持ち帰りましょう。メーカーズマーク蒸留所(Maker’s Mark Distillery)のツアーは前もって計画することをおすすめします。敷地内にあるレストラン、スター・ヒル・プロヴィジョンズ(Star Hill Provisions)にテーブルを予約しておけば、ランチとカクテルが楽しめます。このレストランの自慢は、あなたが選んだバーボンに合わせた、ファーム・トゥ・テーブル(農地直送)の食材で調理した料理です。

ヘヴンヒル蒸留所(Heaven Hill Distilleries)では付設のバーボン・ヘリテージ・センター(Bourbon Heritage Center)で、バーボンの歴史とこの蒸留所の起源を学ぶことができます。ツアーの後は、色、香り、味、後味の重要性に神経を集中させて、ウィスキーの試飲をしましょう。ジム・ビーム・アメリカン・スティルハウス(Jim Beam American Stillhouse)のガイド付きツアーでは、石灰岩の井戸水から瓶詰まで、バーボン製造の過程を見せてくれます。フロントデスクでトークンを購入すると、おいしいカクテルと交換できます。フォアローゼズ蒸留所(Four Roses Distillery)は、需要の伸びに対応するために拡張されました。ここでの「ア・テイスト・フォー・ヒストリー(A Taste for History)」プレゼンテーションでは、1910 年に建てられたスパニッシュミッション様式の施設と芳醇なバーボンについてのすべてが紹介されます。

バーズタウンのバーボンシーンには、バーズタウン・バーボン・カンパニー(Bardstown Bourbon Company)、ラクスロー蒸留所(Lux Row Distillers)、プリザベーション蒸留所(Preservation Distillery)といった新顔が登場し、いずれもバーズタウンのバーボンシーンに個性を与えています。

 

ダウンタウン歴史地区

歴史あるバーズタウンのセルフガイド・ウォーキング・ツアーの旅程には 50 ほどの史跡が掲載されています。町のウェルカムセンターで 1 部入手して、地元の人が博物館街(Museum Row)と呼ぶ地区を散策しましょう。アメリカ最初の作曲家として知られるフォスターにささげられた屋外ミュージカル「ザ・スティーヴン・フォスター・ストーリー(The Stephen Foster Story)」。フォスターが「ケンタッキーの我が家」を作詞作曲するきっかけとなったフェデラルヒル(Federal Hill)邸宅が呼び物のマイ・オールド・ケンタッキー・ホーム州立公園(My Old Kentucky Home State Park)。オールド・バーズタウン・ビレッジ(Old Bardstown Village)の 10 棟のコロニアル様式の建物のそばにある南北戦争博物館(Civil War Museum)。1940 年代の客車に乗車して食事を楽しむマイ・オールド・ケンタッキー・ディナー・トレイン(My Old Kentucky Dinner Train)。これらもぜひとも訪れたい名所です。

バーズタウンの魅力的なダウンタウンは、ショッピング、食事、ゴーストツアー、馬車に乗っての観光など、お楽しみがいっぱいです。ゴルフに出かけたり、穏やかな流れの川や急流でのパドリングもおすすめです。バーボンやビールが飲みたくなったら、パブ、居酒屋、タップハウスへ。夜になって引き上げる時間になったら、町にはよく知られている名前のホテルがあります。趣のある B & B や、3 ヵ所あるキャンプ場に宿泊するのもよいでしょう。

おもしろ情報

ケンタッキー州バーズタウンの数ある美しい通りのひとつ
詳細を表示

バーズタウンは、2012 年にランドマクナリー(Rand McNally)社と「USA トゥデイ(USA Today)」紙の「ベスト・オブ・ザ・ロード」コンテストで「アメリカで最も美しい小さな町」に、2013 年には「トラベル+レジャー(Travel + Leisure)」誌で「アメリカで最も美しい街角」に選出されました。

ケンタッキー州バーズタウンでのバーボンの樽作り
詳細を表示

バーボン発祥の地であり、9 つの蒸留所(数は変動あり)があることから、バーズタウンは自らを「世界のバーボンの都」として売り出しています。

ケンタッキー州バーズタウンのダウンタウンにあるマクリーンハウス
詳細を表示

バーズタウンのダウンタウンにある 200 棟以上の建築が国家歴史登録財に登録されています。

ケンタッキー州の草原を駆け回る馬たち
詳細を表示
周辺情報
旅のアイデアをさらに表示

バーズタウンのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる
ダウンタウンのガゼボで演奏するミュージシャンたち

旅行先

パデューカ