Skip to main content

グリーン川(Green River)かスプリット山(Split Mountain)でピクニックはいかがでしょう。キャンピングカーを使うか、テントを車に積み込んでキャンプもおすすめ。星空を仰ぐキャンプスポットには不自由しません。「サウンド・オブ・サイレンス(Sound of Silence)」トレイルでの静かなハイキング、絶叫必至のグリーン川のホワイトウォーターラフティング。ダイナソー国定公園を歩いて巡れば、巨大なアーチと珍しいペトログリフが見られます。カブクリーク(Cub Creek)では、ジョシー・モリスのキャビンに立ち寄りましょう。西部開拓時代の物語がお好きなら、外せないスポットです。

バーナルには、ユタ・フィールド・ハウス・オブ・ナチュラル・ヒストリー・ダイナソー・ミュージアム(Utah Field House of Natural History Dinosaur Museum)、スタイネーカー州立公園(Steinaker state park)、レッドフリート貯水池州立公園(Red Fleet Reservoir state park)という 3 つの州立公園があります。ダウンタウンから 20 分とかからない場所で、ボートを漕ぎ出し、一日中水の上で過ごすことができるのです。ボートがなくても大丈夫。砂のお城を作ったり、泳いだり、桟橋で遊んだりと、スタイネーカーのバーナルビーチ(Vernal Beach)で一日中楽しめます。ピクニックテーブルやキャンプ場、休憩所も豊富です。美しい風景と巨大な赤い崖があるレッドフリートは、「小さなパウエル湖(Lake Powell)」と呼ばれています。湖の周辺で遊び、探索する際には、恐竜の足跡を見逃さないようにしましょう。実地体験型のフィールド・ハウス・ミュージアム(Field House museum)で、地域の歴史について知識を深め、展示室で石や岩を眺め、この地域で見つかった化石に関する映画を鑑賞しましょう。新設された館長室の観察窓から、古生物学者が化石を分析する様子を見学することができます。

世界トップレベルのトレイルで乗馬を楽しむなら、ここに来て正解です。選択肢は、スリックロック(Slick Rock)、アルパインフォレスト(Alpine Forests)、デザートキャニオンズ(Desert Canyons)の 3 つ。眼下の谷にうだるように暑さが訪れる夏、混雑が少なく美しいトレイルに恵まれたユインタ山地(Uinta Mountains)はサイクリングのベストシーズンを迎えます。『バイクマガジン』誌は、バーナルのトレイルを「モアブを超えた」と絶賛しています。

ダイナソーランドでは川も見どころ。川が「骨の壁(Wall of Bones)」を作り上げたのですから。この辺りを巡るなら、グリーン川とヤンパ川(Yampa River)のラフティングが特におすすめです。ゲーツ・オブ・ロドア(Gates of Lodore)、スプリット山、フレーミング・ゴージ・ダム(Flaming Gorge Dam)の急流を下れば、忘れられない思い出になるでしょう。スリル満点のラフティングでしか見ることのできない野生動物と風景に、胸の鼓動が高まります。

次のアドベンチャーの行き先に、ダイナソーランドとバーナルはいかがでしょう。恐竜たちがそうだったように、ずっと居たくなるはずです。

おもしろ情報

バーナルがあるアシュリー渓谷は、動物の皮で作ったブルボートでグリーン川を下ってやって来た毛皮商人にちなんで名づけられました。
詳細を表示

バーナルがあるアシュリー渓谷は、動物の皮で作ったブルボートでグリーン川を下ってやって来た毛皮商人にちなんで名づけられました。

ノースカロライナ州アッシュビルの上空に浮かぶ熱気球
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

バーナルのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる