Skip to main content

自然、文化、言い伝え

パゴパゴの港の壮大な景色が見える標高 500 メートルのアラヴァ山(Mount Alava)は、ハイカーなら一度は訪れたいと思うでしょう。もう 1 つの人気コース、ザ・ロウアー・サウマ・リッジ・トレイル(The Lower Sauma Ridge Trail)を進むと、古墳にたどり着きます。町に近いトゥーダラービーチ(Two Dollar Beach)では、太陽と地元の文化を満喫できます。トゥトゥイラの海洋環境のユニークな特徴について知るには、アメリカ領サモア国立海洋自然保護区(National Marine Sanctuary of American Samoa)にあるタウエセ・P.F.・スニア・オーシャン・センター(Tauese P.F.Sunia Ocean Center)に行くことをおすすめします。

パゴパゴの集落には、「サモア風」を意味するファ・ア・サモア(fa’a Samoa)の生活文化が受け継がれています。住民たちは伝統に対する根強い意識を持ち、3,000 年前から伝わる数多くの習慣を今でも守っています。床に座って伝統的な食事を食べ、商店や企業は日曜は休業になります。また、英語が公用語であるにもかかわらず人口のほとんどがサモア語を第 1 言語として話します。パゴパゴの真の魅力を体験するには、サディ・トンプソン・イン(Sadie Thompson Inn)に立ち寄ってみましょう。W. サマセット・モームがここに滞在した後に発表した短編「雨」で、その名前は一躍有名になりました。歴史が好きな方は、ジャン P. ハイドン博物館(Jean P.Haydon Museum)へ行ってみましょう。コレクションや展示物を見ると、アメリカ領サモアの昔が現代に甦ったような錯覚を覚えます。

 

本物を買うショッピング

パゴプラザ(Pago Plaza)には工芸品を扱う小さな店が集まっています。ファガトゴ・スクエア・ショッピング・センター(Fagatogo Square Shopping Center)にはエスニックレストランや大型店舗が入っており、アメリカスタイルの洋服だけでなくサモアのファッションも手に入ります。スカートとチュニックを合わせたようなサモアの伝統衣装プレタシは、シュノーケリングや水泳用品の店と同じくらいよく見かけます。港の埠頭の近くおよびパゴパゴのメインストリートでは、地元の人々が手作りの工芸品を売っています。

おもしろ情報

パゴパゴのトゥーダラービーチに入場するには、VIP パスを購入しない限り、ビーチの名前どおり 2 ドルが必要です。
詳細を表示

パゴパゴのトゥーダラービーチに入場するには、VIP パスを購入しない限り、ビーチの名前どおり 2 ドルが必要です。

アメリカ領サモアのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる