Skip to main content

この道路をドライブしながら、メキシコ湾と大西洋の間に浮かぶ数百の小さな島々を巡ることができます。

オーバーシーズハイウェイの起点となるのはキーラーゴです。エバーグレーズ国立公園(Everglades National Park)やジョン・ペネカンプ・コーラルリーフ州立公園(John Pennekamp Coral Reef State Park)があるこの島は、カヤック、カヌー、パドルボード、シュノーケリングなど、アクティビティの宝庫で、環境意識の高い旅行者の間で人気を博しています。歴史あるタバーンアーの過去に思いを馳せてみたり、ハリー・ハリス・パーク(Harry Harris Park)で家族での散策を楽しんだりすることができます。

さらに南下すると、スポーツフィッシングの都として世界的に知られるイスラモラダに到着します。いくつもの島からなるこの町の自慢は、新鮮なシーフードと高級ダイニング、そして数多くのマリーナです。職人たちの集まる町には、色鮮やかな美術工芸品や島ならではのさまざまな宝物があふれています。

少し先に進むと、アクティビティや宿泊施設、マリーナが豊富な島、マラソン(Marathon)があります。ボート遊びが盛んな家族連れにぴったりのリゾート地です。世界的に有名なセブン・マイル・ブリッジ(Seven Mile Bridge)を渡っていると、まるで海の上をドライブしているような気分になるでしょう。また、1963 年の映画『フリッパー』(Flipper)の撮影地では、イルカたちと触れ合うことができます。

ビッグパインキー、ローワーキーズに差し掛かったら、スピードを落としましょう。ここでは、絶滅危惧種のキーディア(シカ)が、キーディア野生生物保護区(Key Deer Wildlife Refuge)で餌を食べたり、走り回ったりする姿を目にすることができます。この保護区にはこの小型のシカが数百頭生息しています。真の意味で「素晴らしいビーチ」とはどんなものかを知りたい人は、アメリカ有数のビーチ、バイーヤ ホンダ州立公園(Bahia Honda State Park)を訪れてください。キャンプ場、マリーナ、ピクニックグラウンドがある美しい場所です。

ローワーキーズからさらに進むと、キーウェストに到着します。ここはアメリカの大陸の最南端、進んできた道もここで終点です。この町には、画家で鳥類研究家のジョン・オーデュボンや作家アーネスト・ヘミングウェイが暮らしていました。環境保護に情熱を傾けた人物と、生きることに強い関心を抱いていた人物。このふたりの特徴は、キーウェストの気風をよく表しています。ここではもう、車は必要ありません。徒歩、自転車、トローリー、電気自動車で町を巡りながら、村、劇場、博物館、ギャラリー、通りのカフェ、伝説のパブなどを自由気ままにお楽しみください。

おもしろ情報

作家アーネスト・ヘミングウェイはキーウェストに住んでいました。彼の栄誉をたたえて、毎年ヘミングウェイそっくりさんコンテストが行われます。
詳細を表示

作家アーネスト・ヘミングウェイはキーウェストに住んでいました。彼の栄誉をたたえて、毎年ヘミングウェイそっくりさんコンテストが行われます。

Hot Air Balloon over Asheville, North Carolina
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

フロリダキーズとキーウェストのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる