Skip to main content

シェフのマリオ・バターリをして「アメリカのリトルイタリーで 5 本の指に入る」と言わしめたフェデラルヒルを訪問していかかでしょうか。 ここには、100 軒以上のレストラン、ブティック、ギャラリー、フードマーケットがあり、イタリアの影響を色濃く残しながら、斬新で現代的な雰囲気を漂わせています。 植民地時代の名残に思いを馳せるならイーストサイドへ足を延ばしましょう。18~19 世紀の邸宅、石畳の通り、揺らめく街灯が待っています。 ブラウン大学(Brown University)のキャンパスを見学したり、91,000 点の芸術作品が収蔵されるロードアイランド・スクール・オブ・デザインの RISD ミュージアム(RISD Museum)を訪れてみましょう。セイヤー、ウィッケンデン、ホープなどの通りでインディーファッションとアンティークのショッピング。アメリカ最古の屋内型ショッピングモール、ジ・アーケード(The Arcade)」はダウンタウンにあります。 ロードアイランド州では、衣料品のほとんどが免税です。

歴史を紐解くウォーキングツアーや、食通に人気のロードアイランド州食べ歩きツアーなど、歩いて街を散策できる機会にも恵まれています。 プロビデンスの名物ベーカリー、セブンスターズ(Seven Stars)、ノースベーカリー(North Bakery)、エリーズ(Ellie’s)、サイアロ・ブロス・ベーカリー(Scialo Bros Bakery)を ぜひ訪問してみてください。

ブロードウェイショーを鑑賞するなら、1920 年代にロウズ・ムービー・パレス(Loew’s Movie Palace)として建設されたプロビデンス・パフォーミング・アーツ・センター(Providence Performing Arts Center)がお勧めです。 トニー賞を受賞したトリニティ・レパートリー・カンパニー(Trinity Repertory Company)では、アメリカ有数の常設劇団による公演が行われています。 子供が楽しめるスポットなら、プロビデンス・チルドレンズ・ミュージアム(Providence Children’s Museum)かロジャー・ウィリアムズ・パーク・ズー(Roger Williams Park Zoo)へ行きましょう。16 ヘクタールの敷地で、アフリカゾウやユキヒョウ、ツキノワグマを見ることができます。 ロマンチックな夜には、ベネチアン(Venetian)のゴンドラでダウンタウンを流れる 3 つの川でクルージングを楽しんでみてはいかがでしょう。プロビデンスの最新の見どころ「ウォーターファイアー(WaterFire)」が見られます。 ウォーターファイアーは、かがり火でライトアップされた川、音楽やお祭り騒ぎが楽しめる、五感を刺激する美しいイベントです。開催は 5 月から 11 月です。

おもしろ情報

プロビデンスでのアイススケート
詳細を表示

プロビデンスのダウンタウンにあるスケートリンクは、ニューヨーク市のロックフェラーゼンター(Rockefeller Center)2 つ分の広さです。

ジ・アーケードは 1971 年 5 月に国家歴史登録財に指定されました
詳細を表示

プロビデンスのダウンタウンにあるジ・アーケードは、1828 年に建てられたアメリカ初の屋内型ショッピングモールです。

プロビデンスのジュエリー地区は、1985 年 に国家歴史登録財に指定されました
詳細を表示

かつてプロビデンスは「アメリカの宝石の都」として知られていました。

プロビデンスのウォーターファイアーのパノラマビュー
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

プロビデンスのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる