Skip to main content

サーフカルチャーの波に乗りましょう

カリフォルニアはサーフカルチャーの代名詞であり、デイナポイントはまさしくその中心地です。実際、「ダナ・ポイント・マフィア(Dana Point Mafia)」と呼ばれ、初期のサーフアイコンとして影響力を持っていたグループがあるほどです。メンバーには、ホビー・アルター(1954 年にサーフブランドの「ホビー」を創設)、ジョン・シーバーソン(1962 年に米サーファー誌を創刊)、伝説的サーファーのフィル・エドワーズ、そして 1966年に『エンドレス・サマー』(邦題『終りなき夏』)を制作した映画監督のブルース・ブラウンがいました。ウォーターマンプラザ(Waterman Plaza)で彼らの彫像と一緒に写真を撮りましょう。ドエニー・ステート・ビーチ(Doheny State Beach)では、初心者向けのサーフィンレッスンや、映画『エンドレス・サマー』のロケ地の 1 つ、ソルト・クリーク・ビーチ(Salt Creek Beach)でのサーフィンを楽しむことができます。近隣のサンクレメンテでは、歴史的なサーフボード、アート、その他のサーフィン関連の記念品を集めた素晴らしいコレクションをサーフィン・ヘリテージ・アンド・カルチャー・センター(Surfing Heritage and Culture Center)でチェックしてみましょう。ビーチファンやサーフィン愛好家にとっては必見のスポットです。

 

日常を忘れさせてくれる海

サーフィン以外にも、太平洋を楽しむ方法はたくさんあります。絵画のように美しいデイナ・ポイント・ハーバー(Dana Point Harbour)を散策すれば、2,500 もの船を擁するマリーナ、ユニークなブティック、魅力的な水辺のレストランが見つかるでしょう。クジラやイルカを見るクルーズを予約すれば、デイナポイントがドルフィンウォッチングとホエールウォッチングにおける世界の中心地(Dolphin and Whale Watching Capital of the World™)と呼ばれてきた理由が分かるはず。ゴルフ、乗馬、ハイキング、ショッピングをするなら、カタリナ島への出航もおすすめです。パドルボードやカヤック、スキューバダイビング、釣りなど、その他のウォータースポーツもお楽しみいただけます。

 

地元のランドマーク

オレンジカウンティー発祥の地とされるミッション・サンフアン・カピストラーノ(Mission San Juan Capistrano)は、17 世紀から 18 世紀にカリフォルニア州で設立された、21 のスペイン系教会のうち 7 番目の教会です。この教会では毎年 3 月 19 日、聖ヨセフの日を祝い、また教会で愛されている鳥であるツバメたちの帰還を祝福しています。オーシャン・インスティチュート(Ocean Institute)では、海洋の歴史と生態学を学ぶことができます。18 世紀のスクーナー船のレプリカに乗って、何世紀も前の探検家たちと同じような船の体験をすることもできます。デイナ・ポイント・ヘッドランズ保護区(Dana Point Headlands Preserve)を訪れるのなら、ハイキングははずせません。ハイキングコースでは、デイナ・ポイント・ヘッドランズを象徴するような崖、海、ビーチの景色を楽しむことができ、特に春は美しい野生の花々に覆われています。

おもしろ情報

カリフォルニア州デイナポイントでロマンチックなひとときを共有しましょう
詳細を表示

デイナポイントは、その地を「カリフォルニアで唯一のロマンチックな場所」と呼んだリチャード・ヘンリー・デイナ・ジュニアにちなんで名付けられました。

カリフォルニア州デイナポイントで見られたホビーキャットのセーリングカタマラン
詳細を表示

1954 年にデイナポイントにオープンしたホビー(Hobie)は、南カリフォルニアで最初のサーフショップでした。

カリフォルニア州デイナポイントの沖で見られたイルカの群れ
詳細を表示

この地域のイルカの大群は、10,000頭を超えることもあります。

日の出に染まる、カリフォルニア州のデイナ・ポイント・ハーバー
詳細を表示
周辺情報

これからのイベント

デイナポイントのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる