Skip to main content

偉大なるアウトドア

カーソンシティではサイクリングはライフスタイルのひとつになっています。バックカントリーライダーやマウンテンバイクライダーは、1850 年代にさかのぼる歴史ある峡谷のトレイルに挑戦できます。ウォータースポーツ好きなら、ワショーレイク州立公園(Washoe Lake State Park)へ出かけ、ボート漕ぎ、釣り、パドリングを楽しみましょう。もちろんシエラネバダ山脈の雄大な眺めを見られます。フジパーク(Fuji Park)とフェアグラウンド(Fairgrounds)にも足を延ばしてみましょう。ロデオ、家畜ショー、モーターサイクルショーが頻繁に開催されており、この町が牧場経営者の入植により発展したことを今に伝えています。子どもたちは、ミニ鉄道やスケートパークがあるミルズパーク(Mills Park)が気に入ることでしょう。勇気がある人はタホ湖(Lake Tahoe)の上空をハンググライダーで飛んでみてはいかがでしょうか。

 

歴史を体感するトレイル

町の歴史を知るなら、とにかく町を歩き回ってみるのが一番いい方法ということもあります。この理論は、「ブルー・ライン・トレイル(Blue Line Trail)」とも呼ばれるキット・カーソン・トレイル(Kit Carson Trail)にも当てはまります。このルートを歩けば、州知事公邸(Governor’s Mansion)、ブルワリー・アート・センター(Brewery Arts Center)、ネバダ州会議事堂(Nevada State Capitol)など、60 の史跡を巡ることになります。さらに深く知りたくなったら、ネバダ州立博物館(Nevada State Museum)を訪れましょう。博物館自体が歴史的建造物であり、ゴーストタウンのレプリカや、体験型の再現された 19 世紀の炭鉱などがあります。

 

さまざまなアトラクション

自転車、パドリング、登山でスリルを味わったら、自然の贈り物であるカーソン温泉(Carson Hot Springs)で疲れを癒しましょう。1849 年から営業しています。年間を通して常時 49.4 ℃ の鉱水が流れています。町の中心部では、ネバダ州立鉄道博物館(Nevada State Railroad Museum)を訪れましょう。バージニア・アンド・トラッキー鉄道(Virginia and Truckee Railroad)について学び、10 台以上の機関車と車両を見学できます。スチュワート・インディアン・スクール(Stewart Indian School)では、寄宿学校プロジェクトでの教育について学ぶことができます。100 年の歴史があり、かつては家族から子どもを引き離してここに収容していました。この施設の 63 の建造物は米国国家歴史登録財に登録されています。

おもしろ情報

ネバダ州カーソンシティ近郊にある地下の立て坑
詳細を表示

1859 年、カーソンシティ近郊で金鉱を探す人々がいました。彼らが掘り当てたのは金鉱ではなく、世界最大の銀山、コムストックロード(Comstock Lode)でした。

ノースカロライナ州アッシュビルの航空写真
詳細を表示
周辺情報
旅のアイデアをさらに表示

カーソンシティのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる