Skip to main content

スポーツも盛りだくさん

ボーリンググリーンはスポーツカーを愛する街で、マイナーリーグの野球チームは「ホットロッズ(改造車)」と名付けられています。また、ボーリンググリーンはコルベットの組立工場(Corvette Assembly Plant)の街として、世界中の自動車ファンを魅了しています。午後は国立コルベット博物館(National Corvette Museum)で過ごしてみてはいかがでしょう。1 つのモデルカーを専門とする最大の自動車博物館です。アンティーク、コレクター、コンセプト、そしてオリジナルのコルベットが 80 台以上展示されています。大人気のシンクホール展示(Sinkhole Exhibit)も見逃せません。2014 年に館内にできた陥没穴で、当時展示されていたクラシックカー 8 台が巻き込まれました。博物館近くのモータースポーツパーク(Motorsports Park)では、コルベットのレース場で実際に運転できます。また、ビーチ・ベンド・アミューズメント・パーク&レースウェイ(Beech Bend Amusement Park & Raceway)では、エネルギッシュなクラシックカーやハーレーダビッドソンのオートバイが疾走するドラッグレースが見られます。ここではジェットコースター、ウォーターパーク、ステージショーも楽しめます。

 

文化に触れられるおすすめスポット

ベーカー樹木園(Baker Arboretum)にあるダウニングミュージアム(Downing Museum)は、自然と芸術を堪能できる理想のスポットです。春、夏、秋には、ハナミズキ、モクレン、モミジなどの木々が色とりどりの美しさで彩られ、館内では、現代アーティストのジョセフ・ダドリー・ダウニングによる作品が総合的に鑑賞できます。地域の歴史に触れるなら、ウェスタンケンタッキー大学のキャンパスにあるケンタッキー博物館(Kentucky Museum)へ。地元の織物の伝統、南北戦争の歴史、そしてダンカン・ハインズに関する展示をご覧いただけます。ダンカン・ハインズは、あの人気の箱入りケーキミックスなど、有名な食品ブランドを支えた人物です。鉄道ファンなら、歴史鉄道博物館(The Historic Railpark & Train Museum)は必見です。ここでは、年代物を復元した 5 つの車両に乗ることができます。最後は、ダウンタウンのファウンテン・スクエア・パーク(Fountain Square Park)で写真を撮って締めくくりましょう。ここは、1872 年に誕生した地域の中心地です。

 

自然に浸るアクティビティ

ロスト・リバー・ケーブ(Lost River Cave)では、ケンタッキー州唯一の地下ボートツアーを催行しています。それから、ハイキングや歴史をたどるウォーキングツアーを楽しんだり、子ども用と大人用があるジップラインで空中をすべり降りたりと、楽しみは尽きません。ご家族と一緒にチェニーズ・デアリ・バーン(Chaney's Dairy Barn)を覗いて、作りたてのアイスクリームを味わったり、農場を散策したりもおすすめです。州に 3 台しかないロボット搾乳機「リリーアストロノート」の 1 つがここにあります。夏の太陽が輝きを増す頃なら、マンモスケーブ国立公園(Mammoth Cave National Park)で暑さをしのいではいかがでしょう。世界最長で知られるこの洞窟群は、ボーリンググリーンからわずか 30 分のところにあり、この地域を訪れたなら外せないスポットです。

おもしろ情報

アメリカのスポーツカー「コルベット」は、ケンタッキー州ボーリンググリーンでのみ製造されています。
詳細を表示

アメリカのスポーツカー「コルベット」は、ケンタッキー州ボーリンググリーンでのみ製造されています。

写真提供:A.J.Mast

ボーリンググリーンは、ブルーグラス、ロック、ジャズが一体となった音楽「ニューグラス」の発祥の地です。
詳細を表示

ボーリンググリーンは、ブルーグラス、ロック、ジャズが一体となった音楽「ニューグラス」の発祥の地です。

写真提供:Bowling Green CVB

アメリカの人気食品ブランドの創設者ダンカン・ハインズは、ボーリンググリーンで生まれました。
詳細を表示

アメリカの人気食品ブランドの創設者ダンカン・ハインズは、ボーリンググリーンで生まれました。

写真提供:Bowling Green CVB

上空から見たボーリンググリーンと郊外
詳細を表示
周辺情報
Bowling Green CVB

ボーリンググリーンのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる