Skip to main content

本物のアメリカの歴史

アメリカの歴史においてアレクサンドリアが果たした役割を知るには、オールドタウンのツアーがお勧めです。アレクサンドリアは 1749 年に設立され、初代アメリカ大統領ジョージ・ワシントンの邸宅があります。まずキングストリート(King Street)を散策しましょう。この通り沿いには、保存状態のよい建築物に挟まれて数百ものユニークなショップやレストランが集まっています。散歩に疲れたら、無料のキング・ストリート・トロリー(King Street Trolley)も走っています。次に自転車、バス、船でマウントバーノンに向かい、ワシントンが故郷と呼んだ堂々たる邸宅と庭園を見学します。また、壮観なジョージ・ワシントン・メソニック・メモリアル(George Washington Masonic Memorial)でこのアメリカ建国の父についてさらに学ぶこともできます。ここには博物館、教会、展望台も併設されています。さらに、歴史的なクライストチャーチ(Christ Church)で腰を下ろしてしばらく過ごします。これは植民地時代の建造物で、ワシントンをはじめ数々のアメリカ大統領がこの教会の礼拝に出席しました。

 

オールドタウンの芸術的気質

歴史は実にこの街の至る所に存在します。たとえば、トーピード・ファクトリー・アート・センター(Torpedo Factory Art Center)は、かつての海軍軍需工場を転用した芸術のメッカです。82 のスタジオと 6 つのギャラリーで 160 人のプロの芸術家が作品を展示・販売している同センターは、私たちの目を思う存分楽しませてくれます。同じことがミュージアムズ・アット・マーケット・スクエア(Museums at Market Square)にも当てはまります。オールドタウンにあるギャツビーズタバーン(Gadsby’s Tavern)、カーライルハウス(Carlyle House)、スタブラー・リードビーター薬局(Stabler-Leadbeater Apothecary)は、植民地時代当時のまま現存する建築物です。互いに 1 ブロックと離れておらず、現在はいずれも博物館となっています。ワシントンがこの歴史的な通りを歩いていた時代の日々の暮らしや商売に思いをはせてください。

 

地元の宝物

アレクサンドリアは古い街ではありますが、現代の息吹も感じられます。ポトマック川(Potomac River)の水辺に足を向けると、セーリングやクルーズツアーからマウントバーノントレイルのサイクリング、水辺の食事、公園でのくつろぎのひと時まで、あらゆる種類の娯楽があります。土曜日に開かれるアレクサンドリア・ファーマーズ・マーケット(Alexandria Farmers Market)は、アメリカで最も古くから続くファーマーズマーケットとして認められています。ザ・バーチメア(The Birchmere)という人気の高いミュージックホールは、1960 年代から素晴らしいショーを提供し続けています。ポート・シティ・ブリューイング・カンパニー(Port City Brewing Company)は、グレート・アメリカン・ビア・フェスティバル 2015(Great American Beer Festival 2015)でアメリカの小規模ビール醸造所としてナンバーワンの評価を受けました。ここでは、試飲室でいつでもクラフトビールを試飲できます。

おもしろ情報

バージニア州アレクサンドリアのオールドタウンにある伝統的な建築物
詳細を表示
W.Connett/Visit Alexandria

アレクサンドリアのオールドタウンは、サウスカロライナ州チャールストン、ルイジアナ州ニューオーリンズに続いてアメリカで 3 番目に古い指定歴史地区です。

トーピードファクトリーの歴史的ルーツを示す展示
詳細を表示
K.Summerer/Visit Alexandria

トーピードファクトリーは第二次世界大戦時、魚雷と軍需物資の工場でした。現在はアメリカ最大級のビジュアル・アート・センターのひとつになっています。

2 軒の歴史的なアレクサンドリアの建物に挟まれたスパイトハウス
詳細を表示
W.Connett/Visit Alexandria

クイーンストリート(Queen Street)にあるスパイトハウス(Spite House)は間口がわずか 2 メートルしかなく、アメリカで最も間口が狭い歴史的家屋です。これは荷馬車や人が近隣にある住宅所有者の敷地を通行できないようにするために作られました。

ウィルソン橋から見たアレクサンドリアのオールドタウン
詳細を表示

周辺情報

旅のアイデアをさらに表示

これからのイベント

アレクサンドリアのオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる