Skip to main content

水辺の魅力

ブロック島の海岸に打ち寄せる、美しくさわやかな波には、きっとすぐに心を掴まれることでしょう。この島にしかないお店を巡り、ゆっくりと食事を取ったら、大西洋に面したオールドハーバー(Old Harbor )地区にある居心地のよい宿の部屋を予約しましょう。もう少し小さなエリアならグレートソルト池(Great Salt Pond)のニューハーバーもおすすめです。セーリングやカヤック、パドルボード、パラセーリング、釣りなどを楽しんだり、自転車をレンタルして、自分のペースで島を探検してみてはいかがでしょう。

 

美しいビーチと自然の見どころ

モヒガンブラフス(Mohegan Bluffs)の崖の上から海を眺めたあとは、100 段の階段を降り、静かなビーチでのんびりと過ごしましょう。島の北端では、穏やかな海岸線を散策することもできます。ノース灯台(North Lighthouse)にも是非足を運んでください。近くにはブロック島に最初に入植したヨーロッパ人居住者を記念するセトラーズロック(Settler’s Rock)があります。渡りを行う鳴き鳥が生息することで知られるブロック島国立野生動物保護区(Block Island National Wildlife Refuge)もおすすめです。

 

島の歴史に浸る

ブロック島に入植者が居住するようになったのは公式には 1661 年以後ですが、この島の名の由来となったアドリアン・ブロックが上陸したのは 1614 年のことでした。ブロック島歴史協会(Block Island Historical Society)の博物館やお店、ギャラリーでこの島の歴史を学ぶことができます。丁寧に復元された 2 軒の建物、ペレグ・チャンプリン・ハウス(Peleg Champlin House)やハイジアハウス(Hygeia House)の写真を撮るのもお忘れなく。

 

アクセス情報

ウェスタリーからブロック・アイランド・ステート空港まで、ニューイングランド航空の定期便で 12 分です。ポイントジュディスなどの地方都市からフェリーも出航しています。ポイントジュディスはガリラヤとも呼ばれ、車両を駐車できる唯一の場所でもあります。この他にも、ロードアイランド州ニューポート、マサチューセッツ州フォールリバー、コネチカット州ニューロンドン、ニューヨーク州モントークからフェリーが出ています。

おもしろ情報

アブラムズ・アニマル・ファームにいるシマウマとロバの混血種、ゼドンク
詳細を表示

1661 イン(The 1661 Inn)が所有するアブラムズ・アニマル・ファーム(Abrams’ Animal Farm)では、シマウマとロバの混血種であるゼドンクを飼育しています。

ノースカロライナ州アッシュビルの航空写真
詳細を表示
周辺情報
旅のアイデアをさらに表示

ブロック島のオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる