このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
ジャクソン, ミシガン

ミシガン州、ジャクソン: 豊かな歴史とおもてなしの心に触れる旅

文: シャノン・ドウ・ユーイング


ミシガン州には興味深い街がたくさんありますが、中でも以前から気になっていたのが、デトロイトから車で約 1 時間の小さな街ジャクソン。空気が新鮮で、歴史ファンにお勧めの土地と聞き、次の旅行先は絶対ここ!と決めていたのです。

博物館が多く、開拓村やアート関連施設など、見どころ盛りだくさんのジャクソンでは、美味しい料理や地ビールも楽しみのひとつ。今まで味わったことがないようなユニークな体験を求め、いざ出発!

エラ・シャープ博物館

ジャクソンに到着した私は、まず家族連れにも人気のエラ・シャープ博物館を訪れることにしました。第二次世界大戦当時の写真や地元住民が使っていた古い家財道具から、ティファニーのステンドグラスパネル、アンティークの高級時計にいたるまで、展示内容の幅広さには目を見張るばかり。テーマに合わせて展示物が定期的に入れ替わるため、ウェブサイトで事前に確認してから出かけることをお勧めします。

セルブロック 7 刑務所博物館

エラ・シャープ博物館を訪れるなら、入場券をまとめて購入できるセルブロック 7 刑務所博物館も一緒に見学しましょう。 毎年たくさんの観光客が訪れるこの博物館。サンフランシスコにあるアルカトラズ刑務所など、アメリカにある刑務所博物館の多くは刑務所としては閉鎖されていますが、セルブロック 7 は受刑者がいる現役刑務所内にあるのがポイント。使われなくなった独房棟を公開しているため、臨場感が抜群です。この博物館があるミシガン州刑務所は、高い堀を巡らせた刑務所としては世界最大規模を誇ったといわれています。 展示ブースには詳細な説明が記載されており、自分のペースでゆっくり見学できるのも嬉しいところ。囚人や看守など、さまざまな立場の観点から紹介されているので、とても勉強になりました。

ウォータールー農場博物館

博物館巡りは、まだまだ続きます。お次は、木々に縁取られた田舎道をドライブし、ウォータールー農場博物館へ。開拓時代の服を身にまとった女性が温かく出迎えてくれました。1800 年代に使われていた農場跡地にあるこの博物館には、地元農業の歴史にまつわる展示がズラリ。石造りの暖炉があるログハウス、鍛冶工の作業小屋、肉や乳製品用の冷蔵室などを見学できます。ギフトショップではハンドメイドのお土産品を記念にどうぞ。

アートセンター見学&地ビールを堪能

クリエイティブ系の人が集まるオシャレなスポットと聞いてやって来た、アート 634。入口付近のラウンジエリアに足を踏み入れると、天井から吊るされた折り鶴のモビールに目を奪われます。2 階から聞こえてくるのは、バレエのレッスンに精を出す生徒たちの軽やかなステップ。1850 年代に建てられた工場をリフォームして作られたこの施設では、視覚芸術から舞台芸術まで、さまざまなジャンルのアートを発信しています。旅行者でも受講可能なクラスもあるので、ぜひ覗いてみては。ギフトコーナーも要チェックです。

思う存分観光し、さすがに疲れた私はグルメな料理と地ビールを求め、グランドリバー・マーケットプレイスへ。レストランとブリュワリーパブ、ライブハウスが一体になったこの店は、とても賑やかで楽しい雰囲気です。私は地元客と一緒に、夜遅くまで盛り上がりました。

デトロイトからたった 1 時間のドライブで、ひと味変わった街を堪能することができた今回の小旅行。フレンドリーな人々に触れ、地元文化とグルメを堪能し、楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまいました。

詳細はこちらから:

Experience Jackson

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する