このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
オールトン, イリノイ

オールトン近郊に残るネイティブ アメリカンの史跡: カホキア墳丘群州立史跡


イリノイ州オールトンは素晴らしい観光地です。 エイブラハム リンカーンとスティーブン ダグラスの最後の討論 (両名が候補者として出馬していた 1858 年の上院議員選挙戦での討論) が行われた場所として、また伝説的ジャズ プレイヤー、マイルス デイビスの生地として知られる魅力的な町で、歴史のあるダウンタウン地区も有名です。

オールトンの街からわずか 30 分ほど南下すると、そこには数世紀にも及ぶネイティブ アメリカンの歴史に浸ることのできる場所、 カホキア墳丘群州立史跡が広がっています。

魅力的なカホキア墳丘群州立史跡

カホキア墳丘群州立史跡は、ぜひ訪れてほしい素晴らしい史跡です。この史跡は、北米の歴史を理解する上での重要性を認められ、ユネスコ (国際連合教育科学文化機関) によって世界遺産に登録されています。 西暦 700 ~ 1400 年には大規模な街が築かれ、当時の中心的都市として栄えていたカホキアは、メキシコ以北で最大の遺跡です。 この史跡の価値を理解し、それを守ることがいかに重要かは、説明するまでもないでしょう。

ネイティブ アメリカンがこの古代都市を築いたのは、ヨーロッパ人との接触が始まる時代よりはるかに前のことです。 西暦 1200 年には世界屈指の人口を誇り、 商業と文明の栄える都市になっていたと言われます。

この史跡には元々 120 基の墳丘が存在していました。そのうち、現在も残っているのは 80 基です。 その中でも、土で作られた遺跡としては北米全域で最大と言われているのが、モンクス マウンドです。 10 階建ての建物に相当する高さの、この見事な土の山は、何世紀もかけてすべて手作業で建造されています。 階段を上り、壮大な景色を眺めながら、これほど見事な建造物を近代的な機械を使わずに作り上げた人々が流した血と汗と涙に思いをはせてみてください。 さらに、頂上に立てば、この街のかつての繁栄を思い、想像を膨らまさずにはいられないはずです。

カホキア墳丘群インタープリティブ センター

この広大な史跡を巡り、モンクス マウンドに登った後は、インタープリティブ センターに立ち寄って、この巨大な (古代) 都市に関するさらに詳しい情報を手に入れてください。

カホキア墳丘群のインタープリティブ センターには、わかりやすい展示、埋蔵品、ビデオなどがあり、かつてこの街がなぜそれほど繁栄したのかを知ることができます。 また、村の様子、そこに暮らす人々やその生活を再現した、実物大のレプリカを見て回ることもできます。

この遺跡の観光をさらに楽しむため、お手持ちの iPod に音声ガイドをダウンロードすることをお勧めします。このガイドがあれば、どこにいても便利な情報を手に入れることができます。 この遺跡は非常に広大なため、遺跡全体を見て回りたいと思われる方は、それに応じたスケジュールと装備を計画されることをお勧めします。 インタープリティブ センターから約 800 m のところにある広場でランチを広げてピクニックを楽しむのもよいでしょう。

信じがたいことですが、壮大な景色を楽しめるこの史跡への入場料は無料となっています。 皆様の寄付をお待ちしております。 ぜひカホキア墳丘群州立史跡へお越しください。 あなたをワクワクさせる体験が待っています。

詳細はこちらから:

公式オールトン旅行情報

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する