ビッグアイランド, ハワイ

ハワイ火山国立公園

活火山を間近で見学


激しい海底噴火によって誕生し、打ち寄せる波や激しい雨、時折起こる地震によって数百年かけて作り上げられたハワイ島は、全長2,414kmのハワイ諸島の中で一番若く、一番大きな島(150km×122kmで、コネチカット州ほどの大きさ)です。 島には地球の全気候帯13のうちの11が存在します。緑豊かな熱帯雨林から真っ黒な溶岩の荒涼とした砂漠、極寒のツンドラまで、その多様性は驚異的です。 白砂のビーチや黒砂のビーチ、緑の砂浜もあります。

この島の最も際立った特徴は5つの火山で、最高峰のマウナケアは標高4,205mです。 広さ1,336㎢に及ぶハワイ火山国立公園でこうした原始の力を目撃できます。それは地球の創造への旅。地中深くをくすぶるカルデラがシューシューと鳴り、くすんだ黒の陥没火口からは硫黄蒸気が噴出し、いろいろな色の混じった噴石丘には何キロもの炭色の溶岩流が流れ、ジャングルを経巡る溶岩洞は先史時代の鉄道トンネルのようです。 公園の最大の呼び物であるキラウエア火山は、1983年以来ほとんど絶え間なく1093°Cの溶岩を噴き出し続けています。 古代の伝説によると、火山の女神ペレがハワイ諸島を次々と探し出し、最後にキラウエアのハレマウマウ火口に住みついて、日々の噴火によって今なお大地を形成し続けているということです。

北側にあるビジターセンターからクレーターリムドライブを進んでください。クレーターリムドライブは、頂上をぐるりと囲み、砂漠を横切り、天然の熱帯雨林を通り抜ける18kmの環状道路です。 幅4km、深さ152mの陥没火口のキラウエアカルデラや、活火山が煙や蒸気を吐き出すサルファーバンクとスチームベント、ペレの安住の地であるハレマウマウ火口といった見どころがこの道路沿いにあります。 火山活動の状態によっては、流れる溶岩流を目撃するチャンスも。その方法や場所については、ビジターセンターでレンジャーにお尋ねください。 夜になると、流れる溶岩が山肌を伝う灼熱のリボンのように赤く輝きます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する