Skip to main content
ノースダコタ州(North Dakota)へようこそ
ノースダコタ州(North Dakota)へようこそ
View More

ノースダコタの多様な文化の中には、それぞれに一貫している共通の特徴があります。それは友好的であることです。 事実、「ダコタ」とはスー族の言葉で「仲間」という意味です。ノースダコタは温かいもてなしとバラエティ豊かな文化で知られています。 2 大イベントのうちの 1 つはユナイテッド・トライブ・インターナショナル・パウワウです。国内最大級のパウワウに数えられ、全米およびカナダ各地に暮らす 70 の部族から 1,500 人のネイティブ アメリカンの踊り手や打楽器奏者が集います。もう 1 つはノルスク・ホストフェスト (Norsk Høstfest) で、アメリカ大陸最大のスカンジナビア フェスティバルです。

伝説的な文化から出来事まで、そのすべてを体験できます。

詳しい情報を調べたら、ノースダコタ州を旅して、見たりやったりして楽しいことを体験してください。 ユニークなボナンザビル博物館&歴史村があったり、ファーゴのプレーンズ美術館では想像力を鍛えることもできます。 バッドランズにも出かけてみましょう。昔のアメリカ人たちは「火が消し止められた地獄」と呼んでいました。現代の探検家たちは、ノースダコタ州のバッドランズを、美しく、岩が多くて素晴らしいと評します。 テディ・ルーズベルトは、非常に感銘を受けてバッドランズに牧場を 2 つ作りました。メドラにあるセオドア・ルーズベルト国立公園に入る前に、マルタ十字の小屋を見学することができます。 161 km 続く、乗馬、ハイキング、サイクリングができるトレイルである、マー・ダー・ヘイ・トレイルの道の始まりが 2 つの公園の近くにあり、トレイルが 2 つの公園をつないでいます。 メドラ滞在中は、ピッチフォーク・ステーキ・フォンデュと毎晩開催されるメドラ・ミュージカルをお見逃しなく。

ノースダコタを流れるミズーリ川回廊地帯とルイス & クラーク・トレイルに沿って進んでみましょう。 ビズマークマンダンでは、リトル・ビッグホーンと斜面にあるインディアン・ビレッジに向けて出発するときの第 7 騎兵隊の本拠地、エイブラハム・リンカーン砦を訪ねてみてください。 付近には、ビズマーク北部にチーフ・ルッキング・ビレッジやダブル・ディッチ・インディアン・ビレッジなどの村もあります。 州議会議事堂の敷地にあるノースダコタ・ヘリテージセンター内の州立美術館にも立ち寄ってみてください。 ウォッシュバーンでは、ルイス & クラーク・インタープリティブ・センターとマンダン砦を訪ね、サカガウィアの故郷、スタントンのナイフリバー・インディアン ビレッジに立ち寄りましょう。 フォート・ユニオン国定史跡はモンタナ州境の川岸にあります。

931 ヘクタールのインターナショナル・ピース・ガーデンはアメリカとカナダの国境沿いにあり、隣り合う 2 つの国の平和を象徴しています。 春と夏には、起伏のある森林、2 つの湖、ハイキングやサイクリングコースの周りにたくさんの花が咲き乱れます。

どこに行っても、食事に満足し、地元や地域の芸術に感銘を受け、わくわくするようなイベントに出会うことができます。

ノースダコタ州(North Dakota)へようこそ
ノースダコタ州(North Dakota)へようこそ
View More

探索する ノースダコタ州

Test Image
View More
|

セオドア・ルーズベルト国立公園(Theodore Roosevelt National Park)

セオドア・ルーズベルト国立公園(Theodore Roosevelt National Park)は、ノースダコタ州(North Dakota)の景色の良い荒野にあります。 不安定な地質が 6500 万年かけて形成した、色とりどりの奇岩層、印象深い峡谷、見渡す限りの平原には、エルクやプレーリードッグの他、約 500 頭のバイソンが生息しています。バイソンは 1800 年代後半にこの地域からいなくなりましたが、1950 年代に再び姿を見せるようになりました。 この国立公園は、野生生物の観察やバードウォッチング、ハイキング、乗馬、天体観測、風光明媚なドライブを楽しみたい人たちによく利用されています。

詳細を表示

ノースダコタ州(North Dakota)のオフィシャル・トラベル・サイト

さらに調べる