チャールストンは、一年を通じて五感を満足させる場所です。春はモクセイの香り。夏は潮風。秋はじっくり煮込んだコラードグリーン。冬は栄養満点の郷土料理シュリンプ&グリッツ。こうした四季折々の風物詩は、さわさわ揺れるパルメットヤシや砕け散る波、教会の鐘の音など、年中変わらない風景を持つ沿岸地域の暮らしに、季節ごとに違った楽しみをもたらしてくれます。

ツツジが鮮やかに色づくと、街は本格的な春を迎え、数多くの個人邸が、ヒストリック チャールストン ファウンデーションが主催する年に一度の邸宅/庭園ツアーのために一般公開されます。拍手喝采が聞こえてきたら、それは春が終わりに近づいた合図です。毎年開催されるスポレト フェスティバルUSAとピッコロ スポレトでは、世界的な一流アーティストや地元のアーティストが一堂に介し、17日間にわたって素晴らしいパフォーマンスを繰り広げ、この地域の劇場や教会、公園、ギャラリー、歩道、イベント会場を盛り上げます。

裸足のまま砂浜へ降りたくなったら、夏も本番。ビーチは、夏休みを過ごす家族連れでにぎわいます。濡れた布をかぶせて蒸し焼きにしたオイスターのおいしそうな香りは、秋の風物詩です。クリスマスシーズンには、キャンドルや星の光に照らされたアメリカ有数の歴史ある邸宅や美しい農場で、どこからともなく流れてくる聖歌に耳を傾けましょう。

何月でも、ここでは必ず何か特別なものを見つけることができます。

チャールストン へようこそ

はじめて訪れるなら…

1600年代後半から定着した、伝統的な作物、プランテーション時代のレシピ、地元で取れたシーフードを使った沿岸地域の料理をお楽しみください。 農場を訪れるツアー、フィッシング ツアー、ファーマーズ マーケットでの買い物ツアーのほか、料理の舞台裏ツアーなど、チャールストン地域の食をたどってみるのも良いでしょう。

ご滞在は1日だけですか?

チャールストンの馬車

専門のツアー ガイドによるツアーをお楽しみください。 前の時代へと導くような石畳の町並み。カロロポリス アワードのプレート、銅製のランタン、馬を固定する柱など、過ぎ去った時代を思い起こさせる光景が見られます。

この味をぜひお試しください

  • 2008年に「ファイヤーフライ ディスティラリー」が世に送り出したスイート ティー ウォッカ。チャールストン南部のワッドマロー島が地図に載るきっかけとなったのが、この南部原産の蒸留酒でした。 地域に根ざしたこの蒸留所では、現在、近隣のチャールストン ティー プランテーションで栽培された紅茶をブレンドした4種類の風味のスイート ティー ウォッカ、スイート ティー バーボン、サザン レモネード ウォッカを製造しています。
  • ガラ文化の味を手軽に味わえる、袋入りのガラ グルメ シュリンプ アンド グリッツ。新鮮なイエロー ストーン グラウンド グリッツとグレービー ソースのパックが入っています。

地元の人々がリラックスしたいときに訪れる場所

チャールストンの砂丘

約150kmにわたって続く海岸線。 細く連なる堡礁島と自然のままの海岸。 自然遊歩道、サイクリング ロード、クライミング ウォール。 フィッシング ガイドとプロゴルファー。 水着と運動靴を持って素晴らしいアウトドア体験をお楽しみください。

刺激的なアトラクション

唯一のアメリカ産のお茶。 チャールストン ティー プランテーションはアメリカン クラシック ティーの原産地です。 サウスカロライナ沿岸地域の中心にある、絵のように美しいワッドマロー島にあります。

お勧め写真スポット

イースト バッテリー

チャールストン半島の沿岸に広がり、アシュリー川とクーパー川に囲まれたバタリーとホワイト ポイント ガーデン公園一帯。 クーパー川側からはフォート サマターのほかに、ピンクニー城、第二次世界大戦時代の航空母艦ヨークタウン(USS Yorktown)、フォート モートリー、サリバン島が見えます。

子供にとって忘れられない体験

  • まずサウスカロライナ水族館の巨大な水槽で海の生物の驚異を楽しみ、その後ビーチに出かけて海鳥、貝殻、カブトガニなどの本物の海洋生物を堪能しましょう。
  • にぎやかな港を渡り、チャールストン半島から30分の距離にある歴史的な島、サムター要塞までクルージング。
  • 樹齢1500年のエンジェル オークの木までピクニックに出かけた後は、ローカントリー子供博物館のツリースケープ展示を五感を通してお楽しみください。
  • 猛禽類センターを訪れて猛禽類が自由に飛び回る姿を見ていると、子供たちはホグワーツにやって来たような気分を味わえます。

ショッピング天国

米国最古の公設市場の1つに数えられるチャールストン シティ マーケット。最近550万ドル(340万ポンド)をかけて3年がかりの改修工事を行いました。 100軒以上の店が入った広大な施設は完全に修復され、新しい建物には「グレート ホール」と称される小規模な専門店の密集地帯が作られました。 地元の小売店だけを集め、地元の特産品を中心に扱うシティ マーケット。スイートグラス バスケットやゴマ ウェハースなどのガラ族のお土産を選ぶのに最適です。

州の歴史を知る

チャールストン プランテーション

ほとんど手を加えることなく当時のまま丁寧に保存されたプランテーション ハウス、ドレイトン ホール。夕暮れ時に佇んでいると、ネイティブ ガラ族の霊歌がアシュレー川を漂って響きわたります。

壮麗な建造物

植民地時代の豪奢な暮らしを物語る、装飾的なしっくい仕上げ、時代物のアンティーク、パネル仕上げのボールルーム、整形式庭園。エイケン・レット、エドモンズトン・オルストン、ヘイワード・ワシントン、ジョセフ・マニゴールト、ナサニエル・ラッセル、トーマス・エルフェの邸宅博物館には、過ぎ去った時代の光景が見事に保存されています。 ヒストリック チャールストン基金と、チャールストン保存協会が毎年開催するツアーにより、この私邸と庭園が一年中公開されています。

チャールストン近郊の旅行プラン

オフィシャルチャールストントラベルサイト

チャールストン地域コンベンション観光局

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する