フィラデルフィアは、革新と文化が歴史と出会う、現代のルネッサンスを体現する街です。 アメリカ北東部の回廊地帯の中心、ニューヨークとワシントン DC の中間という、次にアメリカに訪れる際にはぜひ拠点としたい便利なロケーションにあります。

フィラデルフィアは交通の便が良く、さらに歩きやすい街でもあります。この地では、ありとあらゆるコスモポリタンな体験が選り取り見取りです。 インスピレーションあふれる創造的な文化が、さまざまな発想や科学技術、そして教育と融合する、この 21 世紀の申し子のような街にどっぷり浸ってください。 アメリカが愛してやまない史跡を数多く擁するフィラデルフィア。独立精神に満ちたこの街は、「アメリカ誕生の地」とも呼ばれています。

フィラデルフィアは、アメリカン ドリームが始った街にして、現代の民主主義が形作られた街です。 独立記念館 (ユネスコ世界遺産)、自由の鐘、米国憲法センターといった、アメリカを象徴する名所の宝庫であるフィラデルフィアでは、国家誕生の片鱗を垣間見ることができるでしょう。

革新と教育は、フィラデルフィアならびにアメリカの中核を担っています。 生涯の大半をフィラデルフィアで過ごし、代表的なフィラデルフィア市民として有名なベンジャミン フランクリンは、アメリカ初期の技術革新を率い、国内初の大学、病院、そして動物園を創設しました。それらはすべて、フィラデルフィアに現存し、一般に公開されています。

『トラベル+レジャー』誌により「アメリカ随一の文化都市」と評価された、フィラデルフィアの芸術、音楽、映画、デザイン、ファッション、演劇、美食は盛り上がる一方です。

ダウンタウンを形成する多様性に富んだ地区の多くでは受賞歴も誇る有名シェフたちが腕を振るっており、世界クラスのグルメを街のあちこちで堪能できます。 フィラデルフィアには、レストランが 2,500 軒以上、オープンエア カフェが 250 軒以上、BYOB (酒類持込可) のレストランが 200 軒以上集まっているため、食事のオプションは非常に豊富です。

文化都市として知られるフィラデルフィアではまた、目の保養もできます。フィラデルフィア市庁舎からフィラデルフィア美術館へと伸びる通りには、ペンシルバニア美術アカデミー、バーンズ財団美術館、ロダン美術館などが建ち並びます。 フィラデルフィアの舞台芸術としては、賞も獲得したペンシルバニア バレエ団、フィラデルフィア管弦楽団、オペラ カンパニー オブ フィラデルフィア、PHILADANCO (フィラデルフィア ダンス カンパニー)、そして BalletX などが挙げられます。

フィラデルフィアは個性的な地区で構成されています。 夜間も明るく照らされた通りは、気軽に散策し様々な発見をするのに打ってつけです。 オールド シティで石畳の道やアメリカの歴史、さらには個性の光るブティックをまわった後は、ノーザン リバティーズへとゆっくり歩き、無料のコンサートやファーマーズ マーケット、賑やかなフェスティバルが催される広場へ。 フィラデルフィアはまた、ミューラル アートの聖地としても知られています。フィラデルフィア ミューラル アート プログラムのおかげで、市内にある 3,600 点の屋外作品を鑑賞できます。

フィラデルフィアは、市が運営するものとしては世界最大の都市公園制度を擁する、アメリカで最も緑豊かな街です。 長大なアドベンチャー トレイル、リバーフロント、サイクリング トレイル、ウォーキング / ジョギング コースが街中いたるところに敷かれており、旅行ガイドブックのフロマーズで「公園の美しい街、世界トップ 10」のひとつにも選ばれています。こうしたアメリカでは他に例をみない充実の公園設備により、フィラデルフィアでは、多種多様なアウトドアやアーバン アドベンチャーが楽しめます。

都市で過ごすミニ休暇でも、女性同士の休暇でも、冒険旅行でも、フィラデルフィアなら、すばらしい思い出が築けること間違いありません。

ペンシルバニア州フィラデルフィアへようこそ

この味をぜひお試しください

長いホワイトロールパンにスライスしたロース芯を挟み、溶けたチーズをかけたフィラデルフィア チーズステーキ サンドイッチ。 どの店が一番美味しいかについての議論は、永遠に終わりません。

地元の人々がリラックスしたいときに訪れる場所

世界最大の都市圏の公園、フェアマウント パークには346kmを超えるトレイルがあります。そのうちの1つ、シュイルキル リバー トレイルの42kmに及ぶ舗装道路は、フィラデルフィアのダウンタウンと周辺の郊外を結んでいます。

刺激的なアトラクション

アーチストに馴染みの深いパークウェイ ミュージアム ディストリクト。その住宅街の並木道の中に、不吉なイースタン州立刑務所が建っています。 かつて米国最大の刑務所だった182年の歴史を持つ要塞は、現在ではフィラデルフィアの気味の悪い名所の1つになっています。 日中や夜のツアー、幽霊ツアーに参加できます。しかし、最も人気の季節は秋です。この時期、博物館は米国でトップクラスの幽霊屋敷に変身します。

夜更かしの醍醐味

  • 陽気な創作カクテルを楽しむレトロなハウスパーティがお好みなら、「コンチネンタル ミッドタウン」の「ペントハウス バー」がお勧めです。
  • 「ラッキー ストライク」の最新レーンでボウリングの腕を試してはいかがですか。
  • フィラデルフィアで最もモダンなラウンジの1つ、「Gラウンジ」は動く壁と「電子壁紙」で、進化する雰囲気が漂います。
  • 「バッファロー ビリヤーズ&メトロポリタン ラウンジ」ではビリヤード、ビール、マティーニが楽しめます。

子供にとって忘れられない体験

市の子供向け博物館、「プリーズ タッチ ミュージアム」は2009年、スペースを拡大してメモリアルホールに再びオープンしました。 3,530㎡に及ぶスペースには、6つの展示ゾーンがあります。目玉は全部おもちゃでできている、自由の女神像の腕と松明の高さ12mの「レプリカ」です。

必見の博物館

ルネサンス、アメリカ、印象派の膨大なコレクションを誇るフィラデルフィア美術館は、米国で最も重要な美術館の1つです。 それだけではありません。映画『ロッキー』に登場する「ロッキー ステップ」をロッキー・バルボアのように駆け上がることができます。 または、ロダン美術館に足を延ばしてはいかがでしょう。パリ以外の地では最大の、オーギュスト・ロダンのコレクションがあります。

ぜひお見逃しなく…

地元出身のアーチスト、ギャンブル&ハフのスイートでセクシーな音楽は「フィラデルフィア サウンド」として知られています。 彼らが手掛けた作品には「ラブ トレイン」、「ミー アンド ミセス ジョーンズ」、「二人の絆」などの有名なヒット曲があります。 フィラデルフィア インターナショナル レコーズ系列の「ザ サウンド オブ フィラデルフィア スーベニア ショップ」では、このデュオの有名な作品を聴くことができます。 レコーディング ブースに入って、自分のトラックを録音することもできます。

ショッピング天国

  • 高級ショッピング街のリッテンハウス通りや、さまざまな店が軒を連ねるウォルナット通りのショッピング街には、高級ブティック、ディスカウントチェーン、専門店があります。
  • ワンストップ ショッピングなら、「ショップス アット リバティ プレイス」がお勧めです。
  • または、ノーザン リバティーズの「ピアッツァ アット シュミット」で最新ブティックを覗いてみてはいかがでしょう。

州の歴史を知る

  • 独立記念館は、独立宣言が調印され、アメリカ合衆国憲法が制定された場所です。
  • リバティ ベル センターには、独立記念館の舞台で鳴り響いた有名な鐘が展示されています。
  • ベッツィ・ロス邸は、植民地時代のアメリカに生きた労働者階級の女性の暮らしを忠実に伝えています。
  • 現在も人が住むアメリカで最も古い通り、エルフレス小径には趣のあるれんが造りの家が建ち並び、植民地時代のフィラデルフィアを垣間見ることができます。
  • 国立憲法センターには、世界の歴史において最も影響力を持つ文書が展示されています。

屋外の楽しみ

  • 熱気球に乗って、ペンシルベニア東部の素晴らしい景色を満喫してください。
  • スカイダイビングに出発しましょう。
  • アドベンチャー水族館ではサメと一緒に泳いだり、エイの餌付けを体験できます。

フィラデルフィア探訪

グローバル トラベラー、コンベンション プランナーおよび参加者、グループ ツアーズ

フィラデルフィア コンベンション観光局

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する