ラスベガス(Las Vegas)で昼夜を問わず、冒険やエンターテインメント、思いのままのひとときを楽しむ


現実逃避を念頭に置いてモハベ砂漠(Mojave Desert)の一角に作られたラスベガス(Las Vegas)は、エンターテインメントがつまった都市です。

ラスベガス(Las Vegas)には 1 年間におよそ 4,200 万人以上の人々が訪れて、ギャンブルに興じるのはもちろん、リラックスしたり、食事やショッピングを楽しんだり、パフォーマーを見物したり、ナイトライフを体験したりしています。

ラスベガスストリップ(Las Vegas Strip)を巡る

お楽しみはザストリップ(The Strip)から始まります。このラスベガス(Las Vegas)の幹線道路には、にぎやかなカジノ、ワールドクラスのレストラン、華麗なデザインのリゾート、絢爛豪華なショーが集まっています。サウスラスベガス大通り(South Las Vegas Boulevard)にある有名な「ウェルカム・トゥ・ファビュラス・ラスベガス(Welcome to Fabulous Las Vegas)」という看板をバックに写真を撮ったら、冒険の始まりです。

マンダレイベイ(Mandalay Bay)にあるシャークリーフ水族館(Shark Reef Aquarium)でサメとダイビングをして 1 日過ごしたり、ストラトスフィアタワー(Stratosphere Tower)のスカイジャンプ(SkyJump)でベルトを締めて 108 階の高さからのコントロールされたフリーフォールに挑戦したりしてみましょう。息をのむような体験をしたい人には、ザ・コスモポリタン・オブ・ラスベガス(The Cosmopolitan of Las Vegas)の 3 層構造のシャンデリアバー(Chandelier Bar)がぴったりです。名物ドリンクと多層の壮観な光景が楽しめます。

SLS ラスベガス(SLS Las Vegas)にある陽気なフォックステイル・プール・アンド・ナイトクラブ(Foxtail Pool and Nightclub)では水辺で遊ぶことができます。もっとくつろいで滞在したい方は、ザストリップ(The Strip)に高くそびえるマンダリンオリエンタル(Mandarin Oriental)のティーラウンジ(Tea Lounge)でお茶を楽しんではいかがでしょうか。1 日の締めくくりには、ウィンラスベガス(Wynn Las Vegas)のカントリークラブ(Country Club)で食事と絶景を堪能しましょう。

ラスベガス大通り(Las Vegas Boulevard)の向こう側を訪れる

ザストリップ(The Strip)を外れた場所でも、同じようにたくさんの楽しみが待っています。フレモントストリート(Fremont Street)へ行き、フレモント・ストリート・エクスペリエンス(Fremont Street Experience)のビバビジョン(Viva Vision)という映像が投影された天蓋の下でスロットジラ・ジップ・ライン(SlotZilla Zip Lines)に挑戦してみましょう。にぎやかなフレモントストリート(Fremont Street)を見下ろしながら、上空を滑り抜けていきます。

D ラスベガスホテル(D Las Vegas Hotel)では、ショップ、きらびやかな照明、毎晩繰り広げられるショーに加えて、コミカルなマジックや殺人ミステリーのショーが呼び物になっています。また、同ホテルのアンディアーモ・イタリアン・ステーキハウス(Andiamo Italian Steakhouse)は、ラスベガス(Las Vegas)のベストレストランに選出されています。

ラスベガス(Las Vegas)のダウンタウンのその他の人気スポットには、ゴールデンナゲット(Golden Nugget)内のゴールド・ディガーズ・ナイトクラブ(Gold Diggers Nightclub)、ダウンタウングランド(Downtown Grand)のプールデッキ、隠れ家的な雰囲気のダウンタウン・カクテル・ルーム(Downtown Cocktail Room)、パーク・オン・フレモント(Park on Fremont)のビアガーデンパティオ、禁酒法時代を彷彿とさせるコモンウェルス(Commonwealth)があります。

生演奏なら、バックステージバー&ビリヤーズ(Backstage Bar & Billiards)、屋外でショッピングや食事も楽しめるダウンタウン・コンテナ・パーク(Downtown Container Park)、ハード・ロック・ホテル(Hard Rock Hotel)のバイナルナイトクラブ(Vinyl Nightclub)で体験できます。

ザストリップ(The Strip)の近くまで戻れば、ジオーリンズ(The Orleans)で南部のホスピタリティと料理を満喫できます。また、パームス(Palms)の最上階にあるナイトクラブ、ゴーストバー(Ghostbar)では、おしゃれで洗練された雰囲気が味わえます。

自然と文化

明るい照明から逃れて、近くのレッド・ロック・キャニオン国立保護区(Red Rock Canyon National Conservation Area)を訪ねて、ハイキング、サイクリング、クライミングなどを体験してはいかがでしょうか。アドベンチャーの後は、レッド・ロック・リゾート(Red Rock Resort)でスパトリートメントを受けながらゆったりくつろぐことができます。

ラスベガス(Las Vegas)からは、グランドキャニオン(Grand Canyon)でのホワイトウォーターラフティング、ボールダーシティ(Boulder City)でのジップライン、通年楽しめるゴルフツアー、砂丘を走るデューン・バギー・ツアーにも参加できます。

ネオン博物館(Neon Museum)では、ラスベガス(Las Vegas)のホテルやカジノを飾っていた看板を見て回ることができます。ナショナル・ミュージアム・オブ・オーガナイズド・クライム・アンド・ロー・エンフォースメント(National Museum of Organized Crime and Law Enforcement)という公式名を持つモッブミュージアム(Mob Museum)、国立核実験博物館(National Atomic Testing Museum)、ベラージオ美術館(Bellagio Gallery of Fine Art)も興味を引くこと間違いなしです。

ラスベガス(Las Vegas)には、「世界のエンターテインメントの都」というニックネームが付いています。

ネバダ州ラスベガスのオフィシャル トラベルサイト

ラスベガス コンベンション観光局

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する